2019年はパンダと一緒に!カレンダー発売中

D&G創始者の「火に油を注ぐ」行動に世界中が注目―中国メディア

配信日時:2018年11月26日(月) 7時30分
D&G創始者の「火に油を注ぐ」行動に世界中が注目―中国メディア
画像ID  1045099
24日、中国僑報は仏華字紙の報道を引用し「D&Gの創始者、ステファノ・ガッバーナ氏の中国を侮辱するかのような投稿が世界の注目を集めている」と伝えた。
2018年11月23日、中国僑網は仏華字紙『欧州時報』の記事を引用し、イタリアのファッションブランド、ドルチェ&ガッバーナ(以下「D&G」)の動画が「差別的」と批判されていることを受け、創始者のステファノ・ガッバーナ氏が「火に油を注ぐ」ように中国を侮辱する投稿が世界で注目されていると伝えた。

記事によれば、イタリアの通信社AGIの著名ジャーナリストであるリカルド・ルナ氏によると、D&Gの一連の騒動により「近くなっていたはずの中国とイタリアの距離は、一瞬にして遠のいてしまった」という。

AGIの報道によれば、D&Gは11月21日夜、上海でファッションショーを開催するため400人のモデルを集め、500の衣装を準備し、1500人を招待していたという。しかし、D&GのPR動画の中で、アジア系の女性モデルが箸で不器用にパスタやピザを食べる様子を「2本の棒のようなものを使って食べている」と表現し、モデルの食べ方に「そんな食べ方はダメだ」というナレーションが入る。ネットではこれが「差別的」と批判された。

リチャード・ルナ氏は「D&Gは謝罪すべきだった。だが、創始者はインスタグラム上で中国を汚物の絵文字でののしるという行動に出た。さらにこれを『アカウントが乗っ取られた』と弁明しているが、自身もかわいそうな『被害者』であるような弁明だ。中国でこれを信じている人はいない」と話しているという。

記事によれば、この一連の出来事で、中国のTmal(天猫)やJDドットコム(京東商城)など大手電子商取引サイトでD&G関連製品が削除されるなど、24時間という短い間に、中国から1つのブランドが姿を消すという異常事態になった。

リチャード・ルナ氏は本件を通じて「2つのことがわかった」とし、1つ目は「我々はSNSなどで本来はセンシティブである話題に触れるとき、あまりに軽く自分の考えを発信しすぎており、『誰にでも公開されている』という意識がないこと」とし、2つ目は「中国はイタリアにとってどんどん近い存在になりつつあったが、『一瞬にして遠のいた』こと」とした。(翻訳・編集/和田)
レコードチャイナによる取材をご希望の方は、ウィチャット(WeChatID:renshujian197523)までご連絡ください。その際は自己紹介と要件を明記して下さい。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 3

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • 斉藤孝***** | (2018/11/26 14:38)

    そもそも白人には自分達が文化の創造主であり特権階級だと思っている。 そこへブランドの何たるか?も知らぬ中国人が爆買いする事が、嫌なのだ! 以前はヨーロッパのハイブランドのお店では日本人は店の奥までは案内しない!と言ってたなぁ〜(仲良くなった現地店員いわく) まして中国人じゃなぁ〜?
    このコメントは非表示に設定されています。
  • ato***** | (2018/11/26 08:25)

    >本来はセンシティブである話題に触れるとき、あまりに軽く自分の考えを発信しすぎており TVで〈中国侮辱動画〉を見たが、箸でピザを食べるのはともかくとして、パスタはもっと上手に食べられたはずだ。中国は『麺を発明したのは中国人だ』と言っていることに、イタリアが反発しているのではないか。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • Tom***** | (2018/11/26 07:45)

    これ東洋人全体への差別だろ。日本も怒っていいと思うが。どうせ日本人と中国人の区別すらつけられない傲慢な連中なんだろうけど。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事