Record China

ヘッドライン:

ドルチェ&ガッバーナが中国侮辱騒動でショー中止、不買運動も―中国メディア

配信日時:2018年11月22日(木) 19時10分
拡大
上海世博中心で21日夜に開催予定だった伊ファッションブランド「ドルチェ&ガッバーナ(D&G)」のファッションショーが急遽中止となった。

上海世博中心で21日夜に開催予定だった伊ファッションブランド「ドルチェ&ガッバーナ(D&G)」のファッションショーが急遽中止となった。会場はショーの中止を受け、使われることのなかった舞台だけが空しく残されていた。新華社が伝えた。

中国市場をターゲットに、「甘い言葉」をささやきながら、その一方で、SNSにアップしたPR動画では中国風英語や中国の文化を侮辱し、さらにはSNSアカウントがハッキングされたとしたD&Gの誠意の無さに、多くの人が怒りを覚え、不買宣言をする人も少なくない。

高級ブランド・D&Gにとって中国は最も重要な市場の一つ。21日に上海で開催予定だったファッションショーを前に、D&Gは先ごろ、「箸で食べる」をテーマにした一連の動画をネット上に投稿した。動画の中では、D&Gの服を着た東洋人女性が箸を使い、やや誇張された動作でピザやパスタといったおなじみのイタリアグルメを食べている。

動画が投稿されると、ネットユーザーからは、「モデルの演技がオーバーすぎる」や「『小さな棒のようなもので、偉大で伝統的なピッツァ・マルゲリータを食べる』などの台詞は、風刺的だ」といった動画には人を戸惑わせるような内容に満ちているとのコメントが数多く寄せられた。

こうしたネットユーザーからの疑問を呈するコメントを受け、D&Gは中国版ツイッター・微博(ウェイボー)公式アカウントからこれらの動画を削除。しかし、騒動はそれでおさまらず、あるネットユーザーがSNSのインスタグラムで、この動画が中国を侮辱しているのではないかと書き込んだところ、D&Gの共同創業者の1人で、看板デザイナーのステファノ・ガッバーナ氏が中国を侮辱する暴言コメントを発したからだ。

「箸で食べる」というテーマに中国を侮辱する意味はなく、軽い出来心から文化の違いを描いただけだったとしても、ガッバーナ氏の暴言は、中国の消費者の堪忍袋の緒を切る結果となった。

さらにガッバーナ氏の中国を侮辱する暴言について、D&Gは微博公式アカウントで、「インスタグラムのアカウントがハッキングされた。法務部門がこの問題について調査を行っている」と釈明。そして、「今回の不正な投稿により、影響を受け、精神的苦痛を感じた中国の方々に謝罪する。われわれは中国と中国文化を愛し、敬意しか抱いていない」とコメントした。

しかし、中国のネットユーザーはこうした釈明を受け入れてはいない。微博では「D&Gのデザイナー」がすでに注目検索ワードにランクイン。また、同ブランドのファッションショーに出席予定だった俳優のチェン・クン(陳坤)、女優のチャン・ツィイー(章子怡)、リー・ビンビン(李氷氷)、ディリラバ(迪麗熱巴)、歌手のワン・ジュンカイ(王俊凱)などがショーへの欠席を次々に発表。ファッションショーに参加する予定だったあるブロガーは、「D&Gは『アカウントがハッキングされた』というレベルの低い弁明で事態を収束させようとしているが、こうした謝罪に誠意は感じられず、自ら恥を招いているだけ。このファッションショーには完全に失望させられた」とした。

事態が全く収束しない状況を受け、D&Gは21日午後、「上海で開催予定のファッションショーは延期する」ことを発表した。

D&Gが最近発表した報告は、中国のミレニアル世代がぜいたく品消費の主力となっているとしており、2024年には、中国消費者の世界のぜいたく品市場に対する寄与率は40%に達すると予測している。

業界関係者は、「中国市場に進出すれば売り上げを伸ばすことができるのを目にして、ますます多くのブランドが中国人の気を引くために躍起になっている。しかし、気を引くにしても、中国人の機嫌取りをするだけでなく、心から中国の市場に敬意を抱いていなければならない」と指摘している。(提供/人民網日本語版・編集/KN)

※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ドルチェ&ガッバーナが中国を侮辱?女優チャン・ツィイーらボイコット表明、大型イベントも急きょ中止―中国

21日、中国を侮蔑する宣伝動画を流したと批判されたファッションブランドのドルチェ&ガッバーナが、同日開催予定だったイベントの中止を急きょ発表。女優チャン・ツィイーら多くの著名人がボイコットを表明する騒ぎとなっている。

Record China
2018年11月22日 10時50分
続きを読む

ランキング