2019年はパンダと一緒に!カレンダー発売中

暴行容疑の中国国営テレビの女性記者、「証拠不十分」で起訴取り下げ―英国

配信日時:2018年11月22日(木) 16時40分
暴行容疑のCCTV女性記者、「証拠不十分」で起訴取り下げ―英国
画像ID  1044840
21日、観察者網によると、英保守党年次総会で中国中央テレビ(CCTV)の女性記者が現地警察に逮捕された事件について、検察は証拠不十分として起訴を取り下げた。写真は中国中央テレビ本社。
2018年11月21日、観察者網によると、英保守党年次総会で中国中央テレビ(CCTV)の女性記者が現地警察に逮捕された事件について、検察は証拠不十分として起訴を取り下げた。

9月末に英国の保守党年次総会内で開かれた香港問題に関するシンポジウムの場で、同局の孔琳琳(コン・リンリン)記者は考え方の相違からシンポジウムを「反中国だ」と叫び、制止に入ったスタッフにつかみかかった疑いで逮捕、起訴された。

しかし、英ガーディアン紙の20日付の報道によると、検察は現有の証拠では有罪とするだけの証拠に不足しているため起訴を取り下げたという。記者の逮捕について中国側は一貫して反発しており、駐英中国大使館と中国中央テレビ欧州局はいずれも、会議主催者に対して謝罪を要求。しかし、主催者側からはこれまでのところ反応がないという。(翻訳・編集/山中)
レコードチャイナによる取材をご希望の方は、ウィチャット(WeChatID:renshujian197523)までご連絡ください。その際は自己紹介と要件を明記して下さい。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 3

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • 日本が***** | (2018/11/23 09:28)

    イギリスでの話なのか?・・・だとすれば、推測ではあるが、もちろん英国は反共の立場ではあるものの、EU脱退問題など経済の側面では不安定要素があり、ここで中国とももめるとなると面倒だと判断したんじゃないのか?。考え過ぎか(笑)。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • アメポ***** | (2018/11/23 02:49)

    >>同局の孔琳琳(コン・リンリン)記者は考え方の相違からシンポジウムを「反中国だ」と叫び 中国の記者ってずいぶん我が強いな。 国内問題だったらそれも悪くないけど、外国行ってまでやる行動じゃない。 記者ってのは基本的に取材して情報を持ち帰ればいいんだし。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • ato***** | (2018/11/22 21:23)

    >検察は現有の証拠では有罪とするだけの証拠に不足しているため起訴を取り下げた 衆人環視の中で起きた事件なのに〈証拠不十分〉とは不可思議なことだ。まるでマフィアの犯罪の目撃者が報復を恐れて名乗り出ないみたいである。中国人の報復は執拗だから〈証人保護プログラム〉の適用が必要になるだろう。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事