2019年はパンダと一緒に!カレンダー発売中

韓流の影響力が日本文化を超える?訪韓台湾人観光客が初の100万人突破目前=韓国ネットも歓迎ムード

配信日時:2018年11月24日(土) 8時50分
韓流の影響力が日本文化を超える?訪韓台湾人観光客が初の100万人突破目前
画像ID  1044615
21日、韓国のノーカットニュースは、韓流効果で台湾からの観光客が増え続けており、今年初めて100万人を突破する見通しだと報じた。写真は韓流コンサート。
2018年11月21日、韓国のノーカットニュースは、韓流効果で台湾からの観光客が増え続けており、今年初めて100万人を突破する見通しだと報じた。

記事によると、韓国観光公社は20日「台湾からの観光客数が22日に100万人を超え、年末までに110万人に達すると予想される」と発表した。台湾からの観光客数は、2008年には32万人にすぎなかったが、中東呼吸器症候群(MERS)が発生した2015年を除いて、年々急増し続けてきたという。

記事は台湾を「アジアの韓流の発源地」とし、「日本文化の影響力が圧倒的だったが、2000年代の初めから韓国ドラマとK-POPが人気コンテンツとして定着した」と説明している。観光公社は「最近は韓国料理、ファッション、韓国語などに関心の幅が広がっており、これが観光に結びついた」と分析したという。

この記事に、韓国のネットユーザーからは「台湾に行ったことがあるが、韓国とは違って道端にごみがほとんどなくてきれいだし、人は親切だし、地下鉄などでちゃんと列をつくるよね」「韓国人も大勢台湾に行くよ。仲良くしよう」「台湾の人はごみをちゃんと捨てるし騒ぐことも少なく、道徳的だ」など、歓迎のコメントが寄せられている。

一方で「来たって大したものはないよ…」「観光客がリピーターになるように、どうか良心的な商売をしてほしい。また来たいと思ってもらえるようにしないと。国の恥になるようなことはやめてほしい」「たくさん来ていた日本人が来なくなった。次に中国人が大勢来て、やはり来なくなった。今度は台湾か。何度も観光に来てくれるようにしないと。日本に何度も行く韓国人が多いことを考えてみろ」などと指摘するコメントも多く見られた。(翻訳・編集/麻江)
レコードチャイナによる取材をご希望の方は、ウィチャット(WeChatID:renshujian197523)までご連絡ください。その際は自己紹介と要件を明記して下さい。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 4

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • Ser***** | (2018/11/24 15:07)

    「台湾に行ったことがあるが、韓国とは違って道端にごみがほとんどなくてきれいだし、人は親切だし、地下鉄などでちゃんと列をつくるよね」 「台湾の人はごみをちゃんと捨てるし騒ぐことも少なく、道徳的だ」 こう言ういい部分は、 「日本人の行動(文化)にすごく似ている」 「日本統治の影響だ」 とは、絶対に認めない朝●人ども。 「日帝残滓」を悪い事にしか使わない。 普段は、「島チャンケ(ゲ)」などと言ってバカにしているくせに、 勝手な時だけ「仲良くしよう」ってか? 所詮お前らなんか、旅行者がほぼアジア人の、1度行って終わりの 「一見(いちげん)未開国」でしかない。 どこも同じ観光地、 代わり映えしない土産物、 ぼったくり、 自分達は特別な人種だと勘違いしている不親切な国民性、 空気はPM2.5と放射能汚染、 不衛生な飲食店、 ゴミだらけの街。 自分は、一見でもお断りだね!
    このコメントは非表示に設定されています。
  • 五郎助***** | (2018/11/24 13:35)

    そりゃあ行く人は、悪いところを知らずに行くからね。リピーターとなると、どうかな? 現実を見たら、どうなのかな? ケチつけるわけじゃないよ。事実だからね。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • 日本人***** | (2018/11/24 11:14)

    台湾の人達が何処に観光に出ようが自由。  でも、オマエら台湾を台湾と呼んで、宗主国様に怒られんじゃないの?先ごろ、中国人観光客が減って涙目になっていた事をもう忘れたの?また絞められんぞ(笑)。 日いづる国は、日没する国に気兼ねは要らない。 台湾は台湾であって、断じてチャイニーズ・タイペイではない。 韓国はチャイニーズ・ソウルであって、断じて大韓民国ではない(大でもなければ、民でもないのだから)。 台湾の皆さん!韓国を観たら、日本にも来てください。その方が、違いがよ~く分かると思います。
    このコメントは非表示に設定されています。

最新ニュースはこちら

SNS話題記事