2019年はパンダと一緒に!カレンダー発売中

回転木馬に本物の馬、運営側「動物虐待に当たらない」に賛否両論―中国

配信日時:2018年11月22日(木) 9時40分
回転木馬に本物の馬、運営側「動物虐待に当たらない」に賛否両論―中国
画像ID  1044594
21日、中国四川省成都市内のショッピングモールにこのほど、木馬の代わりに本物の馬を走らせるメリーゴーラウンドが登場し、物議を醸している。
2018年11月21日、中国四川省成都市内のショッピングモールにこのほど、木馬の代わりに本物の馬を走らせるメリーゴーラウンド(回転木馬)が登場し、物議を醸している。

その他の写真

20日付の北京青年報によると、問題のメリーゴーラウンドは木馬の代わりに4頭の本物の馬が支柱にくくりつけられていて、客はお金を払って馬にまたがり、スタッフがスイッチを入れると屋根ごと支柱が回り始め、馬が走り出す仕組みになっている。

ネット上で批判の声が上がっていることについて、運営側は「おとなしく訓練を受けた馬たちで、走るのは1回につき3分30秒ほどだ。馬は1時間ごとに入れ替えていて、1頭の馬が走るのは1日2~3時間だ。隣には馬たちが休めるよう芝生も設置している。ネット上で懸念されている動物虐待には当たらない」などと説明した。現在は馬とスタッフに安全訓練を行うため営業を一時休止しており、訓練が終わり次第再開するという。

中国のネット上では「特に問題があるとは思わない」「虐待ではなくアイデア」「『ビジネス頭脳』というやつ」「馬を人が引くのと支柱につなぐのとで何か違いはあるのか?」「馬をちゃんと休憩させているのなら良いのでは」「サイバー暴力」「騒ぎすぎ」「虐待かどうかは馬に聞かなければ分からない」「ロバに毎日、石臼を引かせるのも虐待なのか」などの声がある一方で、「やはり残酷だ」「偶発的な事故が起きたらどう責任取る」「虐待かどうかはさておき、自分の子どもを乗せようとは思わない」などの反応も見られた。(翻訳・編集/柳川)
レコードチャイナによる取材をご希望の方は、ウィチャット(WeChatID:renshujian197523)までご連絡ください。その際は自己紹介と要件を明記して下さい。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 4

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • アンギ***** | (2018/11/22 21:01)

    日本でも、特に地方競馬なんかでは引退した馬(特に牡馬)は、殆どが安楽死で、天寿を全うできるのなんて一握りの実績馬だけだからな。 まあ偉そうなことは言えんわな。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • ato***** | (2018/11/22 16:07)

    >虐待かどうかは馬に聞かなければ分からない 動物は言葉を話せないから、獣医が付き添って『疲れていないか』『体調は悪くないか』をチェックすべきだろう。そして獣医が了承しない場合は営業を中止しなければ〈動物虐待〉になるはずだ。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • ali***** | (2018/11/22 11:17)

    アイデア自体は、 馬へのケアがしっかり為されているのであれば問題いと思う 馬場や、観光地で馬に乗るのと何も違わないからね。 ただし、 写真で見る限りずいぶん窮屈に固定されているように思える。 支柱の回 転に合わせて動くのは大変だろうな。 一目見ただけでそんなだし、本当にケアされているのかどうかはとても疑問。 いつも、口だけ「大丈夫」っていってる中国人だしね。
    このコメントは非表示に設定されています。

最新ニュースはこちら

SNS話題記事