2019年はパンダと一緒に!カレンダー発売中

「日本の戦争犯罪を連想」カナダの学校に旭日旗を撤去させた韓国人生徒らに称賛の声

配信日時:2018年11月21日(水) 21時50分
「日本の戦争犯罪を連想」カナダの学校に旭日旗を撤去させた韓国人生徒らに称賛の声
画像ID  1044542
21日、カナダ・バンクーバー近郊のラングリー市にあるセカンダリースクールの教室に掲げられていた旭日旗が、韓国人生徒らの抗議により撤去された。写真は問題の旭日旗とラングリー市の風景。
21日、カナダ・バンクーバー近郊のラングリー市にあるセカンダリースクール(中高一貫校)の教室に掲げられていた旭日旗が、韓国人生徒らの抗議により撤去された。

韓国・聯合ニュースなどによると、同校に通う韓国人生徒らは「日本の戦争犯罪を連想させる旭日旗を教室の壁に掲げておくのは非常に不快だ」とし、撤去を要求する署名運動を行っていた。署名を主導した韓国人生徒は、教材用として旭日旗が教室に掲げられていた歴史の授業に出席していなかったというが、廊下から旭日旗の使用を確認し、他の韓国人生徒らと共に先週末から署名運動を開始。その結果、19日までに現地の韓国人らを中心に約1万人の署名が集まった。これを受けて学校側は旭日旗を撤去し、「旭日旗は20世紀の歴史を学ぶための教材として掲げていたもので、その影響力や意味を議論するためのものだった」と説明したという。

これに、韓国のネットユーザーらは「立派な生徒たち。外交官には賢い人ではなく、こういう明確な歴史観を持つ人を採用してほしい」「こうして1つ1つ正していけばいい。韓国の未来は明るいと思えた」「勇敢な子どもたち。同じ韓国人として誇らしい」など称賛の声を寄せている。また、学校に対し「教材用なら、ナチスの旗と並べて掲げるべき」「ナチス=旭日旗ということすら知らない人が歴史の先生をしているなんて呆れる」などと指摘する声も見られた。

その他「どうせ一時的に撤去しただけ。数年後にはまた使われているよ」と懸念する声や、「アジア出身の生徒は他にもいるだろうに、なぜ韓国人だけが反発するの?劣等感のせい?」との疑問を示す声も見られた。(翻訳・編集/堂本
レコードチャイナによる取材をご希望の方は、ウィチャット(WeChatID:renshujian197523)までご連絡ください。その際は自己紹介と要件を明記して下さい。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 17

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • tak***** | (2018/11/23 16:04)

    映像を見ていると、旭日旗:イアンフ:チョ~ヨ~コ~:竹島で騒いでるのは、いつも同じ層(それ以下が無いZ層か?)で同じツラ構え。で、日本のZ層であるパヨクも奴らと顔の相が同じで笑える。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • アメポ***** | (2018/11/23 03:02)

    >>「旭日旗は20世紀の歴史を学ぶための教材として掲げていたもので、その影響力や意味を議論するためのものだった」と説明したという。 学校の方針は間違ってないような気がするけどね。 逆に考えると、じゃあ地球上から表向き旭日旗が一切無くなったとして、韓国人の記憶の中からも消え去った後に、「これが旭日旗」だって示しても火病は起こらないって事かな。 旭日旗を前にして、韓国人の主張も含めて客観的な議論をすれば良かっただけの話じゃないの? まあ、アジア各地で旭日旗に不快感を示す人達もいる事はいるだろうけど、ここまで極端な反応示す人達って韓国にしか居ないんだよなあ。 軍旗だから「戦争の象徴」ってところまでは否定はしないけどね。でもそれ言い始めると、米軍だろうと中国軍だろうと、韓国軍の軍旗だって戦争の象徴って話になる。戦犯旗って言うのなら、ベトナム人から見た韓国軍旗もそれに当たるし。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • ロビタ***** | (2018/11/23 02:32)

    情け無い韓国人だな、韓国政府に情報操作されて真実を知らされなかった父親達の世代なら解かるが、今韓国に居ないならネットで韓国の本当の歴史が調べられるのにそんな努力もしないで嘘で塗り固められた韓国の歴史を高々と叫ぶなんて頭の悪い証拠。 自分達の歴史を韓国政府に教えられて何故矛盾に気がつけないのか? 韓国国外で、日本の平和的併合を検索して画像で見てみろ。 韓国の女性が楽しそうに家族と居る写真が多い。 韓国の子供が制服着た写真も有る。 本当に自分達が植民地にされて苦しがっているか画像で観てみなさい。
    このコメントは非表示に設定されています。

最新ニュースはこちら

SNS話題記事