Record China

ヘッドライン:

中国で人気の羊肉、DNA検査したら羊の成分なかった―中国メディア

配信日時:2018年11月23日(金) 0時20分
拡大
中国では寒い冬になると羊のしゃぶしゃぶを食べるシーズンが到来するが、その羊のスライス肉、果たして本当に羊の肉だろうか。写真は中国の火鍋レストラン。

2018年11月20日、中国では寒い冬になると羊のしゃぶしゃぶを食べるシーズンが到来する。しかしその羊のスライス肉、果たして本当に羊の肉だろうか。中国紙・法制晩報が伝えた。

山東省済南市内のスーパーでは、500グラムの羊スライス肉は平均31.25元(約500円)で販売されているが、露店の肉屋や市内の火鍋店では店によって20~30元(約320~480円)、高いところでは50~60元(約800~960円)で売っている。なぜこれほど値段にばらつきが出るのか。

精肉工場で働いていたことがあるという市民によると、値段の安いものはキツネの肉に羊肉を混ぜたり、羊脂や羊エッセンスを使ったりしたもので、中にはDNA検査をしても羊の成分がまったく検出されないケースまであるという。キツネは主に毛皮が高く取引されるが、残った肉は安く売られることが多いという。

別の業界関係者によると、偽の羊肉として、豚肉と鴨肉を混ぜたものが多く出回っているという。鴨肉は安く、色と食感が羊肉によく似ているため、食品偽装業者が好んで使うのだという。

この報道に、中国のネットユーザーから次のようなコメントが寄せられている。

「羊脂から羊のDNAは検出されないのか」

「たしかアヒルやネズミを使った羊肉があると以前報じられていた」

「添加物の赤身剤が使われているのはずいぶん前から言われていた」

「偽装がわかっているなら、なぜ海外のように責任を問わないのか」

「市の監督機関で働いている友人は、外では火鍋やロバ肉サンドは絶対に食べないね」

「火鍋店の肉はどれもこれも偽物だよ」

「こんなだから中国人におかしな病気が増えているんだ」

「正規の市場価格から外れた肉には何か裏があるということだ」

「どんなものもそうだけど、値段相応なのね」

「食品偽装は日本では自殺行為でしかないが、中国では金もうけの手段でしかない」

「監督部門はいったい何をしているのだか…」

「殺伐とした社会に、どこまでも下がる道徳心…なんてことだ」

「ペナルティーがないに等しいのが問題だ」

「こういう食品や医薬品の偽装はいつになったら厳罰が科せられるようになるのだろう」(翻訳・編集/岡田)

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

「下水油」を使った飲食店関係者が起訴される、被告側「伝統的な技法だ」と反論するも敗訴

澎湃新聞などの中国メディアは20日、火鍋店関係者が客に出す料理に「下水油」を使ったとして訴えらえていた裁判で、被告代理人の弁護士が「伝統技術の継承だ」と主張したと紹介する記事を発表した。弁護士の主張は認められず、被告には有罪判決が言い渡された。

Record China
2018年10月21日 20時10分
続きを読む

ランキング