日本卓球界が7歳以下の選手育成へ、20人中4人は幼稚園児=中国ネット「目を疑った!」

配信日時:2018年11月21日(水) 14時20分
日本卓球界が7歳以下の選手育成、幼稚園児も=中国「目を疑った!」
画像ID  1044460
日本卓球界で初となる「U-7卓球選手育成事業」について、中国からは厳しい意見が寄せられている。資料写真。
2018年11月20日、中国メディア・我愛網球は、KODAMA国際教育財団は日本卓球協会の後援を受け、日本卓球界で初となる「U-7卓球選手育成事業」を立ち上げたことを発表したと伝えた。

参加選手の一覧も発表された。男女10人ずつとなっているが、女子10人中7人は小学1年生で、残る3人はまだ幼稚園児。男子も1人が幼稚園児となっている。日本卓球界では男子の張本智和、女子の平野美宇伊藤美誠といった若い選手の躍進が続いているが、これらに続く10年後のメダリスト育成を目指すという。

しかし、幼稚園児を含むU-7選手強化というプロジェクトに、中国ネットではさまざまなコメントが書き込まれている。

「目を疑った。どうかしているよ」
「幼稚園児でもう強化合宿だって?ありえない」
「次は妊婦の胎内教育?」
「日本卓球協会もずいぶん大げさな…幼稚園でもう人生を決めさせるということだよ。こわいね」
「1人もものにならない可能性だってある」
「7歳って遅くない?中国では3歳から卓球してないか」

「もはや挙国体制だ」
「中国に勝とうだなんて、夢のまた夢…」
「でも、人材育成に力を入れるという点は参考に値する」
「とは言え中国もトップを維持することに腐心している」
「中国のレベルの高さは何となく生まれるものじゃない。苦労と汗と知恵の結晶だ」(翻訳・編集/岡田)
【社内スタッフ募集】
中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事