【募集中】中国語・韓国語社内スタッフ

<サッカー>「回復不可能」で韓国を去った豪州選手、すぐさま別のチームと契約し物議=「韓国を甘く見ている」「気持ちは分かる」―韓国ネット

配信日時:2019年3月7日(木) 22時0分
寄生虫で「回復不可能」のはずが…韓国を去った豪選手、すぐに別チームと契約
画像ID  1044356
7日、韓国メディア・スポーツ韓国によると、寄生虫感染を理由に韓国の浦項スチロースとの契約を解除したコナー・チャップマンが、契約解除から1カ月も経たないうちに豪州Aリーグの新生チームと契約したことが分かり、物議を醸している。資料写真。
2019年3月7日、韓国メディア・スポーツ韓国によると、寄生虫感染を理由に韓国の浦項スチロースとの契約を解除したコナー・チャップマン(豪州)が、契約解除から1カ月も経たないうちに豪州Aリーグの新チームと契約したことが分かり、物議を醸している。

記事によると、豪州のウェスタンユナイテッドは同日、チャップマンと2年契約を結んだと発表した。

欧州の年代別代表でもプレーしたチャップマンは、昨年に浦項スチロースと2年契約を結び、守備的MFとして活躍していた。しかし今シーズンを前に行われたトルコでの現地トレーニングにはほぼ参加できなかったという。理由は、冬季トレーニング前に体調を崩し、検査により寄生虫に感染していることが判明したため。浦項スチロースは「できる限り復帰を待つ」との立場を示していたが、チャップマンの体調は回復せず、先月17日に「回復不可能」との通知を受けてやむなく契約を解除していたという。

それから1カ月も経たないうちにチャップマンが新たなチームと契約したため、浦項スチロースの一部ファンからは「本当に寄生虫感染だったのか」「だまされたのではないか」と疑う声が上がっているという。

このニュースに、韓国のネットユーザーからも「ひどい」「人間性を疑う」「韓国を甘く見ている」「違約金を請求するべきだ」「訴訟を起こして選手としてプレーできなくするべき」「浦項ファンとして本当にがっかり」などと批判する声が上がっている。

一方で「観客のいないKリーグでプレーしたい選手なんていない」「大気汚染の深刻な韓国でPM2.5を吸いながらプレーするより、母国のきれいな空気を吸ってプレーする方がいいだろう。気持ちは分かるよ」と理解すを示す声も。

また「チームは診断書を確認しなかったのか?」「選手自ら寄生虫感染を確認したわけではないでしょ?それに、治療期間について医者とチームは全く相談していなかったの?」など、浦項スチロースの対応に疑問を示す声も上がっている。(翻訳・編集/堂本
【社内スタッフ募集】
日本語ネイティブ、中国語もしくは韓国語ビジネスレベルのスタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 2

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事