2019年はパンダと一緒に!カレンダー発売中

なぜ米国人は中国を嫌うのか―米華字メディア

配信日時:2018年11月21日(水) 16時40分
なぜ米国人は中国を嫌うのか―米華字メディア
画像ID  1044214
20日、米華字メディア・多維新聞はニューヨーク・タイムズのコラムを引用し「なぜ米国人は中国が嫌いなのか」とする記事を伝えた。資料写真。
2018年11月20日、米華字メディア・多維新聞は19日付のニューヨーク・タイムズのコラムを引用し「なぜ米国人は中国が嫌いなのか」とする記事を伝えた。

コラムは、2度のピューリツァー賞に輝いた経歴を持つジャーナリストのニコラス・クリストフ氏が執筆したもの。「なぜ米国人は中国を嫌うのか」とするテーマに、「トランプ大統領と習近平(シー・ジンピン)国家主席との間の問題だけが原因ではない」とした。

コラムは、中国について「2001年に世界貿易機関(WTO)に加入し、グローバルな貿易体制の仲間入りを果たしたはずなのに、技術の模倣や知的財産権の侵害、南シナ海での軍事行為といったマイナスイメージを与える行動ばかりが目立つ」と指摘した。

さらに、「毎年およそ2万人の米国人が中国の麻薬密売人を通じて入手した薬物を過剰摂取し死亡している。その中の3分の2以上がフェンタニルによるもので、ヘロインよりも致死性の強い薬物だ」とし、「中国は麻薬貿易撲滅のために努力しているのは確かだが、運搬業者がフェンタニルを中国国内よりも優先的して輸出に回すのは間違いだ」と指摘した。

この他、過去には中国の政策を支持していた米国の高官、重役たちも「中国に冷めている」と紹介。元米国財務長官のヘンリー・ポールソン氏も中国支持派として知られていたが、数日前にニューヨークで同氏が行ったスピーチでは「経済の緊張局面は臨界点を迎えようとしている」と指摘し、「米中間の問題が解決しなければ、世界は巨大なシステマティックリスク(市場リスク)に直面する」と警鐘を鳴らしたことを伝えた。(翻訳・編集/和田)
レコードチャイナによる取材をご希望の方は、ウィチャット(WeChatID:renshujian197523)までご連絡ください。その際は自己紹介と要件を明記して下さい。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 6

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • geo***** | (2018/12/08 20:23)

    簡単なことです。中国が米国を追い越して世界のNo1(軍事的・経済的)となる野心を隠さなくなったからです。戦前日本は、政府レベルで世界No1を目指したことはなく、政治も国際協調主義(=対英米従属)が主流でした。中国が戦前日本に世界征服の野心があるとし、その証拠としてよく引用した田中上奏文は偽書です。私は当時の中国(国民党政府)が米国の支援を得るために流布したフェイクニュースではないかと思っています。それが功を奏してアメリカは対日戦争を決意し日本を戦争で叩き潰しました。べつに中国が好きだったからではなく、日本がNO1となることを予防したまでのことです。一方、中国は2000年代中ごろから本当に世界N01を目指すことを指導層が隠さなくなりました。米国が中国を叩くことは時間の問題でした。日本と異なりかって世界屈指の大国であった中国がNo2で収まることは難しくどちらかが倒れるまで行くと思われます。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • sya***** | (2018/11/23 09:47)

    意見をいう前に、レコチャで多くの賛成を獲得すると消されてしまう。コメントを辞めようかと思ったが、年寄りで頭の体操の為に続けている。 「なぜ米国人は中国が嫌いなのか」と云う見解で、逆に中国を好きになる国はあるのか?と問いたい。カンボジアのフンセンぐらいではないか?
    このコメントは非表示に設定されています。
  • 日本が***** | (2018/11/21 21:47)

    >なぜ米国人は中国が嫌いなのか 中国だから(笑)。
    このコメントは非表示に設定されています。

最新ニュースはこちら

SNS話題記事