2019年はパンダと一緒に!カレンダー発売中

<コラム>ニュース中国語事始め=「挑戦するぞ!」と意気込む日本人、「挑戦された!」と身構える中国人

配信日時:2018年11月30日(金) 1時0分
「挑戦するぞ」と意気込む日本人、「挑戦された」と身構える中国人
画像ID  1044128
日本語では「挑戦」の語が、「記録への挑戦」といったように、自分から何かの目標に対して努力することを表すことが一般的ですが。中国語では「外部から受けた、解決すべき難題」というニュアンスで使われます。資料写真。
本コラム「ニュース中国語事始め」でも何度か触れていますが、日本人として中国語を理解する場合、あるいは中国語を日本語に翻訳しようとして困ってしまうことが多いのは、漢字として同じ言葉なのに日中の双方で意味やニュアンス、使われる状況が違う場合です。今回は、そんな言葉のひとつとして「挑戦」をご紹介しましょう。

日本語で「挑戦」の語は、どのように使われているでしょうか。スポーツ記事では「記録への挑戦」などといった表現があります。日本語版グーグルで「挑戦」の語でニュース検索してみたところ「法人税軽減で企業の挑戦後押し」「残業ゼロへの挑戦」などの見出しが上位にヒットしました。

中国語では、どうでしょう。ちょうど手元に、<挑戦 tiao3zhan4>の語が3カ所で使われている記事があったので、該当部分を抜き出して見ましょう。

<亜太合作進程将面臨諸多挑戦。 ya4tai4 he2zuo4 jin4cheng2 jiang1 mian4lin2 zhu1duo1 tiao3zhan4.>=アジア太平洋の協力プロセスは多くの挑戦に直面することになる

<包容性不足是其発展面臨的一大挑戦。 bao1rong2xing4 bu4zu2 shi4 qi2 fa1zhan3 mian4lin2 de0 yi1 da4 tiao3zhan4.>=包容性の不足はその発展が直面する一大挑戦だ

<探索解決共同挑戦。 tan4suo3 jie3jue2 gong4tong2 tiao3zhan4.>=共通する(共通して受ける)挑戦の解決を模索する

このように、中国語では「挑戦」が「外部から受けた解決すべき難題」という意味で使われています。日本語の挑戦は「自らするもの」であり、中国語の<挑戦>は「他者から突きつけられるもの」です。

このシリーズで触れたことがありますが、中国語と日本語で同一文字の言葉が異なる意味やニュアンスで使われていることに気づいた場合、その違いを理解するには字義などから調べてみることが有効です。そのために、まず利用したいのは漢和辞典です。お勧めは多少なりとも詳しいもの。私は学研漢和大辞典を使っています。最近では電子辞書を使う人が多いのですが、調べたい項目の前後に記載されている語を対照することが容易なので、私は紙の辞書を愛用しています。

余裕があるならば、古い用法・用例を掲載している中国で出版された辞書も役立ちます。私は商務印書館の辞源を使っています。さらに中日辞典としては大修館書店の中日大辞典、現代における中国語の使い方を調べるには、商務印書館の現代漢語詞典、日本語を調べるためには小学館の国語大辞典を愛用しています。

以下、<挑戦>の語を調べるために上記の辞書を使いました。

まず、古い使い方を調べてみます。漢和辞典を見ると「戦いを挑む」とあり、日本での用法として「新しい記録や仕事などに立ち向かうこと」と書いていました。残念ながら、これだけでは、日本語と中国語においての「挑戦」の語の違いを知ることはできません。紹介したばかりで「但し書き」を追加して恐縮なのですが、日本で発行されている漢和辞典では、日本語として特によく使われる言葉の場合、日本語でのニュアンスを優先する場合があるので、注意が必要です。
※掲載している内容はコラムニスト個人の見解であり、弊社の立場や意見を代表するものではありません。
レコードチャイナによる取材をご希望の方は、ウィチャット(WeChatID:renshujian197523)までご連絡ください。その際は自己紹介と要件を明記して下さい。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • 774***** | (2018/11/30 10:19)

    元は象形文字。挑は手+兆。 手は出の縦棒が下に突き抜けた形で5本の指を持つ手を表す。 兆は八八を縦に並べた形で、亀の甲羅に出来たひび割れを表し、古代に行われていた亀の甲羅を焼いて行う占いを意味する。 亀の甲羅にひび割れを起こすのだから、平穏な状態を壊す意味にもなるし、亀甲占いは戦争前に必ず行ったようなので積極的な意味にもなる。象形文字をどう受け取るかは立場によって異なる。 流行語大賞のように流行った使われ方が定着すれば、時代によっても意味が変化する。中国では受け身の意味合いが強いのであれば、諸外国から圧迫され続けた近代の歴史の名残で、今後は数十年かけて日本的な積極的な意味に変化していくのではないでしょうか?日本でも江戸末期は受け身の用法だったかもしれない。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事