日産の「救世主」ゴーン会長逮捕、中国でも衝撃「メッキ剥がれた」「晩節汚した」

配信日時:2018年11月20日(火) 12時0分
日産の「救世主」ゴーン会長逮捕、中国でも衝撃「メッキ剥がれた」
画像ID  1044042
20日、日産自動車のカルロス・ゴーン会長が、自らの報酬を過少申告した疑いで、東京地検特捜部に逮捕されたとのニュースは、中国でも大きな衝撃をもって受け止められている。
2018年11月20日、日産自動車のカルロス・ゴーン会長が、自らの報酬を過少申告した疑いで、東京地検特捜部に逮捕されたとのニュースは、中国でも大きな衝撃をもって受け止められている。

中国メディアの財経網は「日本の実業界に驚天のスキャンダル、日産自動車の『救世主』ゴーン会長逮捕」との見出しで、逮捕の報道を受け、ゴーン氏が最高経営責任者(CEO)を務める仏自動車大手ルノーの株価が12%値下がりしたこと、1990年代にゴーン氏が日産再建計画を実行して絶望的な状況から立ち直らせ日本で「救世主」と見なされてきたことなどを伝えた。

中国のネットユーザーからも「衝撃的なニュースだ」「メッキが剥がれた」「ぜんぶ金のせいだ」「晩節を汚した」などの声が上がっていた。(翻訳・編集/柳川)
【レコチャコンサル】

あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら


【社内スタッフ募集】

中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事