2019年はパンダと一緒に!カレンダー発売中

日本人の先輩が一人で中国に来られない理由―中国紙

配信日時:2018年11月24日(土) 17時0分
日本人の先輩が一人で中国に来られない理由―中国紙
画像ID  1044029
20日、環球時報は「日本の大学の先輩は、どうして1人で中国に来ようとしないのか」とする、日本での留学経験を持つ中国人による文章を掲載した。資料写真。
2018年11月20日、環球時報は「日本の大学の先輩は、どうして1人で中国に来ようとしないのか」とする、日本での留学経験を持つ中国人が記した文章を掲載した。以下はその概要。

留学期間中、大学で小野さんという35歳くらいの先輩と知り合った。小野さんは中国人留学生にとても良くしてくれたのだが、ある時とても真剣な表情で「周りの人にヘイトスピーチされたことはない?もしあるなら、言ってくれよ」と聞いてきた。ちょうどその頃、日本では「ヘイトスピーチ」という言葉が流行り出していた。日中関係も低迷していた時期だったので、小野先輩は私が日本の右翼から罵声を浴びせられているのではないかと心配したのだ。しかし幸いなことに、私は日本人から「中国に帰れ」などと怒鳴られるような状況には遭遇しなかった。

小野先輩が研究していたのはSNSやネット上のデマについてだった。中国語はできなかったが、中国のSNSに興味を持ち、研究室では私に中国のSNSの状況を聞いてきた。そこで私は「機会があったら中国に行って、メディア関連の学会に参加してみてはどうですか」と勧めた。しかし、小野先輩は「1人で中国に行くのは安全面でとても心配。しかも中国語も英語もできないから、だまされるんじゃないかと思う」とこぼした。

いささか残念な話ではあるが、まあ理解もできる。2012年、中国各地で反日デモが起きて、中には非理性的な行為も見られた。日本の新聞やテレビが当時大々的に繰り返して報じていたのが今でも忘れられない。小野先輩が中国を怖がっているのは、日本のメディアの報道の影響ではないかと思う。

もちろん、それが日本人全部の中国に対する認識を表すものではない。しかし、小野先輩を含めて自分が知り合った日本人が持つ対中意識は、日本人の対中意識の一部分を確かに構成しているとも思うのである。(翻訳・編集/川尻
レコードチャイナによる取材をご希望の方は、ウィチャット(WeChatID:renshujian197523)までご連絡ください。その際は自己紹介と要件を明記して下さい。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 4

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • ato***** | (2018/11/25 07:58)

    >機会があったら中国に行って、メディア関連の学会に参加してみてはどうですか CCTVの女性記者が暴行罪で逮捕されたときの〈逆バージョン〉ではないか。中国の学会で日本人が自分の意見を言っただけで『反中国だ』と袋叩きになるはずだ。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • 旅人の***** | (2018/11/24 20:07)

    反日の激しい時に中国に駐在してから、パスポートの余白が無くなりそうになる程、数十回は中国に行き来しています。 その中国は、日本人全員がすっぽり入ってしまう程、民度・身体特徴等の幅の広さに驚かされます。14億人程が暮らしていますから、当然でしょう。 親しい中国人から言われたことは、公共バスには注意、果物・野菜は良く洗い皮を剥いて食べる、公共では居眠りしない、それとホテルでタオル・無料の水は使用しない。これは身の危険と言うより自分で用心しておく事柄です。 反面、日本へ戻ると、日本人の無用心さにビックリします。信じ切っていて、盲従している印象です。むしろ、中国人の方が、冷静に自己判断しています。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • 日本人***** | (2018/11/24 18:34)

    仕事と観光で2度ほど、中国に行ったことがありますが、嫌な思いはしたことはありませんし、悪い事や危ない場所に自ら行ったりしなければ、ヨーロッパやエジプトよりも安全だと思いますよ。 上海などは東京よりも場所によっては巨大で発展していますし、年々変化しているところを日本人はマイナス報道ばかりを吸収するのではなく、自分で見ておくと良いかもしれません。
    このコメントは非表示に設定されています。

最新ニュースはこちら

SNS話題記事