Record China

ヘッドライン:

2010年の中国漁船と海上保安庁船の衝突事件の動画が中国版ツイッターでアップされる

配信日時:2018年11月20日(火) 12時20分
拡大
19日、中国版ツイッター・微博で、2010年に尖閣諸島付近の海域で発生した中国船による海上保安庁船衝突事件の映像がアップされた。

2018年11月19日、中国版ツイッター・微博(ウェイボー)で、2010年に尖閣諸島付近の海域で発生した中国船による海上保安庁船衝突事件の映像がアップされた。

動画をアップしたのは、メディア系ではない個人のアカウントとみられる。動画は当時YouTubeで流出して問題になった海上保安庁撮影のもので、尖閣諸島付近の日本領海で違法操業していた中国籍の漁船が、同庁の巡視船による退去命令を無視したうえで巡視船の船尾に体当たりし、逃走する様子が収録されている。

この漁船は10年9月7日に同庁の巡視船2隻に衝突、同庁は漁船を停船させたうえで8日に船長を公務執行妨害で逮捕、漁船事石垣島へ連行した。これに対し、中国政府が抗議するとともに、中国国内でも日本への抗議活動が展開された。また、中国はこの事件以降、尖閣諸島海域への監視船の進入を常態化させた。

安倍晋三首相による訪中などで日中友好ムードが高まる中、微博に掲載された8年前の動画について、中国のネットユーザーは「国よりも漁師のほうが強硬だな」「危険すぎる行為で、賛同できない。海軍や海警機関がもっと強硬にならなければ」といったコメントを残している。(翻訳・編集/川尻

【社内スタッフ募集】
中国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら

関連記事

日中関係には「欠落」あり=中国メディアが尖閣めぐる日本の動きを警戒

中国メディアの参考消息は、「日本が釣魚島(尖閣諸島の中国側通称)に対してまたも危険行為。中日関係(日中関係)のこの欠落を正視せねばならない」と題する記事を発表し、「両国関係の推移に疑問符を打たざるをえない」と紹介した。資料写真。

Record China
2018年11月6日 18時20分
続きを読む

ランキング