2019年はパンダと一緒に!カレンダー発売中

東京五輪は買ったものだったのか?仏検察が贈賄疑惑でJOC会長を正式に捜査=「これが事実なら開催資格取り消し」―中国ネット

配信日時:2019年1月12日(土) 21時30分
東京五輪は買ったものだったのか?仏検察が贈賄疑惑でJOC会長を正式に捜査=「これが事実なら開催資格取り消し」―中国ネット
画像ID  1043961
12日、中国新聞週刊は、フランス捜査当局が東京五輪招致をめぐる贈賄疑惑でJOCの竹田恒和会長に対し正式に捜査を始めると伝えた。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。資料写真。
2019年1月12日、中国新聞週刊は、フランス捜査当局が東京五輪招致をめぐる贈賄疑惑で日本オリンピック委員会(JOC)の竹田恒和会長に対して正式に捜査を始めると伝えた。

記事は仏メディアの報道を引用。それによると、フランスの検察は五輪招致に向けて国際オリンピック委員会(IOC)への贈賄に関与した疑いで、竹田会長に対する捜査を開始し、起訴の準備を進めるという。報道によると、東京での五輪開催を獲得するため、竹田会長はIOC委員の息子の会社に200万ユーロ(約2億5000万円)を渡したとされている。

これに対し、中国のネットユーザーから「これが事実なら開催資格取り消しだろう」「腐敗は世界的な問題だ」「腐敗は世界的な問題だが、だからといって中国の腐敗問題を軽視してはならない。中国の腐敗は最も深刻だ」などのコメントが寄せられた。

また、「買う必要なんてないだろう。世界中の国がやりたがらないのだから」「少し前のニュースではどこの国も五輪は経済的負担になるから開催したがらないと言っていたのに。日本はどれだけ政治的影響力を強めたいと思っているのだ?」という意見もあった。

ほかには、「これはゴーン氏を逮捕したことに対する報復だと思う」「出国税を取り始めたのは、この分を取り戻すためなのかな?」などと憶測するユーザーや、「日本人は模倣能力が非常に高いからな。どこの国から学んだのだろう」「わずか200万ユーロじゃ少なすぎるだろう」などのコメントもあった。(翻訳・編集/山中)
レコードチャイナによる取材をご希望の方は、ウィチャット(WeChatID:renshujian197523)までご連絡ください。その際は自己紹介と要件を明記して下さい。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 2

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • ato***** | (2019/01/13 09:18)

    >これはゴーン氏を逮捕したことに対する報復だと思う 中国がファーウエイ重役逮捕の報復に無関係なカナダ人を拘束しているが、フランスは中国並みの遅れた国だったのか。第二次世界大戦ではドイツに占領されて、ナチスの協力者だったくせに、戦後は一転して〈戦勝国〉を名乗っている。韓国が〈サンフランシスコ講和会議〉に戦勝国として出席しようとして、アメリカに拒否されたのは『フランスが戦勝国なら、韓国だって戦勝国だろう』と甘い期待をしたからである。フランスは中国並みと言うより〈韓国並み〉の国であろう。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • Tom***** | (2019/01/12 23:48)

    フランスは日本に対して「推定無罪」の原則がないと散々なじってきた。だが、フランスの閣僚は取り調べどころか嫌疑をかけられただけで、自発的な辞任を求められるそうだ。 ならばなぜ、起訴されたのだから自発的にルノーの会長をやめろと言わないのだ。おかしいではないか。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事