日本が観光公害対策でマナー啓発動画、中国人観光客「差別されているように感じる」―華字メディア

配信日時:2019年8月1日(木) 11時10分
日本が観光公害対策でマナー啓発動画、中国人観光客「差別されているように感じる」
画像ID  1043957
30日、華字メディアの日本新華僑報網は、日本政府が今年9月に訪日客向けのマナー啓発動画を公開することについて、心配する中国人観光客のコメントを伝えた。写真は訪日観光客。
2019年7月30日、華字メディアの日本新華僑報網は、訪日外国人の増加に伴って観光地の住民生活環境が悪化する「オーバーツーリズム(観光公害)」の対策として、日本政府が今年9月に訪日客向けのマナー啓発動画を公開することについて、心配する中国人観光客のコメントを伝えた。

記事が引用した観光庁の統計によると、2019年上半期(1月~6月)の訪日外国人旅行者は、前年同期と比べて4.6%増の1663万3600人に達し、過去最高を更新。来年の東京五輪を控えて、訪日客は今後も増加が見込まれており、2020年に訪日外国人観光客を4000万人誘致するという政府目標は、達成も視野に入っているという。観光庁の統計によると、定住人口1人当たりの年間消費額は約125万円で、この数字を旅行者の消費に換算すると、外国人観光客8人分に当たるという。旅行者の消費拡大による経済的恩恵の一方で、京都や鎌倉などの著名な観光地では、電車やバスが混雑して住民の通勤通学に支障が出ており、宿泊施設の利用者の騒音やゴミをめぐるトラブルにより、居住環境も悪化しているという。特に京都では問題が深刻化しており、例えば祇園を訪れた外国人観光客が、無断で舞妓(まいこ)や芸妓(げいこ)の着物に触ったり、ストーカーのように追いかけ回したりするマナー違反が横行しているという。ほかにも、市民の台所と呼ばれる「錦市場(にしきいちば)」では、外国人観光客の増加に伴い、食べ歩きができるように刺身やイカ、エビ、はんぺんなどを串に刺して、店の一番目立つところに置いて売るようになったために、地元の住民が買いたい商品が店の奥に陳列されたという。また、近年約4%ずつ減少していた京都の主要ホテルの日本人宿泊数は、2018年に9.4%も減少したという。

こうした事態を受け、観光庁は早ければ9月にも「電車の乗り降り」や「歴史的建造物の写真撮影」など、基本的なマナーを英語、中国語、韓国語の3つで紹介する動画を作成、公開するという。また、北海道の複数の自治体の協力を得て、2020年3月末までに観光産業の雇用者数や消費額などのプラス面と、混雑やマナー違反などのマイナス面を合わせて数字で示す「観光地を評価する指標」を作成するという。

最後に記事は、日本新華僑報網の記者の取材を受けた中国人観光客の張(ジャン)さんのコメントを紹介。「『オーバーツーリズム』という言葉を耳にすると、自分が差別されているように感じる。その上にマナー啓発動画ができたら、論争を引き起こすかもしれない。われわれ観光客こそ、『オーバーツーリズム』の問題解決を心から望んでいる。でなければ、存分に遊ぶことができないし、現地の人たちに歓迎されていないのかと心配になる」と述べた。(翻訳・編集/原邦之)
【レコチャコンサル】

あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら


【社内スタッフ募集】

中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 5

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • アメポ***** | (2019/08/02 13:30)

    まあ、人がわんさか来るだけで、地元民には迷惑になる事もあるしね。 とある古民家集落でも、住民は普通に生活してるだけなのだが、住んでいる地区が観光地化されてしまったお陰で、落ち着いて暮らせなくなったという例もある。 「補助金が手に入るからいいだろ」と言う人もいるかもしれないが、集落全体の保全やら火災に対する備えやら、補助金以上に持ち出しが増えたりもする訳で、観光客相手に商売でもして金を稼がないと追い付かないなんて事もある。 その上で、観光客が「個人宅」に勝手に入ってきたり、庭先から家の中を覗いてきたりするのであれば、堪ったものではないだろう。 ここでは「差別」なんて捉え方もしてるようだが、相手がなに人だろうと関係ない。観光客が同じ日本人でも、迷惑がかかる時はかかるのだ。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • 仙田 ***** | (2019/08/01 13:49)

    これは完全に僻み根性丸出しである、誰も外国人を差別しよう等と考えてはいない(一部性根の腐ったネトウヨ連中を除く)日本に来たらマナー良く振る舞って下さいねとお願いしているだけである、日本人は保育園児の頃から人前に出た時のマナーやルール礼儀作法をしつけられるのである、勿論日本よりもっとマナーの厳しい国も存在する、この場合は最低限他人様に迷惑を掛けないように呼び掛けているのである、日本のやる事を何でもかんでも悪く理解するのは止めていただきたい
    このコメントは非表示に設定されています。
  • 日本人***** | (2019/08/01 11:35)

     どこが差別なんだろう?  増えすぎる観光客に対して、地元住民(あるいは日本人の国内旅行客)から『何とかしてくれ』との強い要望が、当該自治体の担当や観光庁に多く寄せていたのは事実。今まで誘客一辺倒だった観光庁などが、ようやく実態調査に乗り出すとともに・啓発動画を作ったのが、何故差別?  オーバーツーリズム問題は、日本に限らず世界(特に欧州各地)では、喫緊の課題となっている。現地に馴染まず(マナーや地域性を無視して)、自分たちのやりたいように出来ないのは『差別だ!』と言うなら、少なくとも日本には来ないで頂きたい。マナーや地域性を守ってこそ魅力が保たれるのだし、そうした魅力の維持にマナーなどを守ることで参加できるのです。 念のため申し上げますが、マナーを守れない観光客は、決して歓迎されておりません。(来るな!二度と来るな!の声(呟き・愚痴)を地元の方から何度も聞いています)。
    このコメントは非表示に設定されています。

最新ニュースはこちら

SNS話題記事