AI特許出願件数、トップ3は日米中―中国メディア

配信日時:2018年11月20日(火) 5時10分
AI特許出願件数、トップ3は日米中―中国メディア
画像ID  988444
中国特許保護協会はこのほど、「人工知能技術特許深層分析報告書」を発表し、人工知能(AI)技術の世界及び中国における特許出願データを分析した。写真はIBMの広告。
中国特許保護協会はこのほど、「人工知能技術特許深層分析報告書」を発表し、人工知能(AI)技術の世界及び中国における特許出願データを分析した。科技日報が伝えた。

同報告書によると、中国は出願件数で有利だが、高品質・高価値特許では米国や日本よりいくらか遅れている。主要特許出願者を見ると、中国のトップは百度、米国のトップはIBMとなっている。

Derwent World Patents Index(DWPI)のデータバンクによると、AI関連の特許出願件数は世界的に年々増加する傾向を示している。2010年以降に増加率が大幅に上昇し、近年も上昇を続けている。うち出願件数トップ3は、中国、米国、日本となっている。中国のAI関連特許出願件数は7万6876件に上る。米国は6万7276件でやや下回り2位で、日本は3位。

主要特許出願者を見ると、IBMの出願件数が米国トップで、マイクロソフトやグーグルの倍近くに上る。中国は国内の企業や大学が大半で、海外企業による中国での特許出願件数は本国を下回る。中国での出願件数が最も多いのは百度で、2368件に上る。(提供/人民網日本語版・編集/YF)
※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
【社内スタッフ募集】
中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • ato***** | (2018/11/20 09:05)

    >中国は国内の企業や大学が大半で、海外企業による中国での特許出願件数は本国を下回る 中国企業の特許申請は外国で開発された技術にすぎない。中国の特許庁は『すでに中国で登録されているか』が認定条件なので、パクリであっても登録が可能である。海外企業はそれに対抗して中国で特許申請をしているが、数の力にはかなわないようだ。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事