「中台問題」で揺れた第55回金馬奨=俳優フー・ゴー「とても残念」、影響を避けて早々に帰国―中国

配信日時:2018年11月19日(月) 21時0分
「中台問題」で揺れた第55回金馬奨=俳優フー・ゴー「とても残念」
画像ID  1043679
18日、政治問題で揺れた“台湾のアカデミー賞”金馬奨について、プレゼンターとして出席した中国の俳優フー・ゴーが「とても残念」とコメントしている。
2018年11月18日、政治問題で揺れた“台湾のアカデミー賞”金馬奨について、プレゼンターとして出席した中国の俳優フー・ゴー(胡歌)が「とても残念」とコメントしている。聯合報が伝えた。

その他の写真

17日、台北市で行われた第55回金馬奨の授賞式では、台湾の女性監督による「台湾独立」、中国の俳優の「一つの中国」発言をきっかけに政治問題が浮上。複数の中国映画がアフターパーティーを急きょ取り消し、出席していたフー・ゴーはじめ中国出身の俳優や女優たちが、中国版ツイッターを通じて「中国は一つも欠けてはならない」のスローガンをアピールするなど、思いがけない事態に発展した。

18日、中国出身者が今回の事態の影響を避けるため、次々と早めに帰国する中、プレゼンターを務めたフー・ゴーも滞在を早めに切り上げ、空港に姿を見せた。今回の政治問題に関する混乱について記者に感想を求められると、「とても残念に思う」と短くコメントしている。

今回の授賞式では、フー・ゴーがわざと“台湾なまり”を披露するなど、友好ムードを盛り上げたことでネットユーザーからも称賛されていた。なお、実行委員会主席を務めた台湾出身のアン・リー(李安)監督は、今回の思いがけない事態について、「金馬奨では芸術のみを語りたい。政治の世界が干渉してくることを望まない」と遺憾の意を表明している。(翻訳・編集/Mathilda
【レコチャコンサル】
あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事