Record China

ヘッドライン:

伊藤美誠の全日本3冠に中国卓球ファン「恐ろしい」

配信日時:2019年1月21日(月) 14時40分
拡大
20日に行われた卓球の全日本選手権女子シングルス決勝で、伊藤美誠が14歳の木原美悠を4―1で下して優勝。中国の卓球ファンから「恐ろしい」の声が上がった。写真は伊藤美誠。

20日に行われた卓球の全日本選手権女子シングルス決勝で、伊藤美誠が14歳の木原美悠を4―1で下して優勝。中国の卓球ファンから「恐ろしい」との声が上がった。

伊藤は今大会、早田ひなと組んだ女子ダブルス、森薗政崇と組んだ混合ダブルスでも優勝しており、女子史上初の2年連続「3冠」という偉業を成し遂げた。

伊藤と言えば、2018年11月のスウェーデンオープンで、劉詩ブン(リウ・シーウェン)や丁寧(ディン・ニン)など、中国の実力者3人を次々と撃破し優勝したことが中国に強烈なインパクトを与え、一躍中国の「主敵」に名前が挙がった。

中国の卓球ファンからは「3冠とは恐ろしい」「国際大会でも国内大会でも強い。十分な実力が備わっていることの証しだ。すごい」「中国女子の強力なライバルだ」とその力を認める声や、「2大会連続の3冠。日本のトップは彼女以外に考えられない。中国は彼女をマークしている」「確かに伊藤は手ごわい。でも、次回は中国選手が倒してくれると思う」と中国との対戦を心待ちにする声も。

この他、「これは想定内と言っていいだろう。日本で本当に“できる”選手は何人もいないし、石川と平野が敗退したのだから」など、伊藤の優勝を順当と見る声も目立った。(翻訳・編集/北田

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

伊藤美誠が「暴露」した中国の弱点、「われわれは東京五輪を誰で戦えばいいのか…」―中国メディア

4日、騰訊体育は、卓球のスウェーデンオープンで伊藤美誠が中国のトップ選手3人を破って優勝したことについて、「中国の弱点を徹底的に暴露した」とし、「2020年、われわれは誰で東京五輪を戦えばいいのか」と嘆いている。写真は丁寧。

Record China
2018年11月5日 16時10分
続きを読む

「みまひな」がグランドファイナル制覇!中国も衝撃=「やはり伊藤美誠!」「実力で負けた」

韓国仁川で16日に行われた卓球のITTFワールドツアー・グランドファイナル女子ダブルス決勝で、日本の「みまひな」こと伊藤美誠・早田ひなペアが中国ペアに3‐0で勝利し優勝。卓球王国・中国のメディアやファンも衝撃を受けたようだ。

Record China
2018年12月17日 10時30分
続きを読む

ランキング