【募集中】韓国語社内スタッフ

スタバ越え?中国で圧倒的支持を集めるコーヒー界の新星「Luckin Coffee」

配信日時:2018年11月16日(金) 16時50分
中国で圧倒的支持を集めるコーヒー界の新星
画像ID  1043038
空前のコーヒーブームが続く中国。コーヒー文化を根付かせたと言われるのは、やはりスターバックスコーヒーだが、ある時期から、若者が手にもつペーパーカップがスターバックスからブルーの鹿のデザインに変わった。
個人経営のカフェ、カフェ+、スペシャリティコーヒーブームと、空前のコーヒーブームが続く中国。ここまで、コーヒーブームを牽引し、コーヒー文化を根付かせたと言われるのは、やはりスターバックスコーヒーで、スターバックスコーヒーのペーパーカップを持って出勤することが外資系社員のステイタスにもなっていた。

その他の写真

ところが、ある時期から、若者が手にもつペーパーカップがスターバックスからブルーの鹿のデザインに変わった。街や地下鉄の広告でも、ブルーカップが目立つようになった。

このブルーの鹿マークこそ、現在、絶賛大躍進中のデリバリーやテイクアウト専門のコーヒーショップ「Luckin Coffee(ラッキンコーヒー/瑞幸咖啡)」だ。ペーパーカップが青いことから、「小藍杯(シャオランベイ)」とも呼ばれている。

Luckin Coffee は、2018年1月にプレオープン、5月に正式オープンした。この10月、すでに全国21都市に約1400店舗展開という驚異の出店数を誇り、コーヒー業界をざわつかせている。

ちなみにスターバックスは、2018年のデータでは、140都市、約3400店を展開している。規模の大きさやサービス形態が違うので一概に比較できないが、スターバックスが中国に参入したのが1999年であるから、Luckin Coffeeの出店スピードがどのくらい勢いがあるものなのか、ある程度想像がつく。

このLuckin Coffeeが若者の圧倒的支持を集めているのだが、その背景にあるのが、このコーヒーショップの最大の特徴であるサービスシステムだ。

店舗へ行く前に、アプリでオーダー&決済して、店舗でピックアップかデリバリーかを選ぶ。店舗でのサービスはピックアップのみという徹底ぶり。モバイル決済を使いこなす若者からすると、「並ばないで飲めるコーヒー」で、時間が有効に使え、ロスがなく便利。市場ニーズや若者嗜好を見極めた独自のサービスで、快進撃を続けている。

店舗もいたってシンプルで過度なディスプレイは一切なし。そして、デリバリー専門、カウンター席のみ、軽食も提供、大型店舗などそのサービス形態もさまざま、オフィス街に近い位置に出店しているので、ターゲットも明確だ。

価格でみると、スターバックスのトールサイズのラテが31元(約520円)で、Luckin Coffeeは同じサイズで24元(約403円)。毎日飲みたい、あるいは1日に数杯飲む人にとって、この価格差は大きい。

価格差以外にも、アプリで注文の最初の一杯は無料、友人にすすめると1杯無料、5杯注文するとほかに5杯無料など、その無料サービスがすごい!無料で飲める回数が多く、注文数が多いほど、お得感がある。

コーヒーの味はどうか?オフィシャルサイト上では、上質のアラビカ種のコーヒー豆使用で、イタリア、日本そして中国国内のWBC(ワールド・バリスタ・チャンピオンシップ)チャンピオンによるブレンド、と紹介されている。

難点は、目の前に店舗があってもアプリで操作しないといけない不便さや、モバイル決済オンリーで現金NGなので、高齢者や外国人観光客にはハードルが高いことだ。

スマホやアプリを使いこなせないとLuckin Coffeeは飲めない?果たして便利なのか、不便なのか?こうしたキャッシュレス化が主流となってきた都市部で常に考えさせられるシステムではある。(提供/フライメディア)
※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
※株式会社フライメディアは、映像制作を中心に、海外、主に中国、台湾、香港のリサーチ、撮影コーディネーションサービスをご提供している会社です。 本日御紹介した「コーヒー界の新星Luckin Coffee」関連についてもっと知りたい方は、是非弊社のホームページをご覧頂き、お問い合わせください。

http://flymedia.co.jp/

記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事