北京で今冬最悪の大気汚染、信号が識別不能になるレベルに―仏メディア

Record China    2018年11月15日(木) 15時20分

拡大

14日、中国北京は、今冬で最も深刻な大気汚染に見舞われた。

2018年11月14日、中国北京は、今冬で最も深刻な大気汚染に見舞われた。仏RFI中国語版サイトによると、中国のネット上には交通警察に向かって「今は赤信号?それとも青信号ですか?」と叫んでいる人の動画が投稿されたという。

同市では35ある観測所の13カ所で「厳重汚染」を観測し、「重度汚染」に達したところも17カ所あった。一部地域ではPM2.5の1立方メートル当たりの濃度が300マイクログラムを超えた。(翻訳・編集/野谷

この記事のコメントを見る

難しい文法もAちゃんがやさしく解説!楽しみながら「おもてなし中国語」をマスターしちゃおう!
購入はこちら

新疆ウイグル自治区を150回以上訪問、『現代の阿倍仲麻呂』と呼ばれている小島康誉氏。人気コラムが待望の書籍化!購入はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携