Record China

ヘッドライン:

中国空軍副司令官がJ20について語る「初歩的な作戦能力を備えた」―中国メディア

配信日時:2018年11月15日(木) 10時10分
拡大
13日、中国青年報は、中国空軍の副司令官が同国の最新鋭ステルス戦闘機J20について「初歩的な作戦能力をすでに備えている」と発言したことを報じた。

2018年11月13日、中国青年報は、中国空軍の副司令官が同国の最新鋭ステルス戦闘機J20について「初歩的な作戦能力をすでに備えている」と発言したことを報じた。

記事は、11日午後に中国空軍が第12回中国航空宇宙国際博覧会の会場で空軍創設69周年記者会見を開催し、同博覧会の航空ショーでデモンストレーションを行ったJ20や、空軍の発展戦略について空軍関係者が説明したことを伝えた。

その中で徐安祥(シュー・アンシアン)空軍副司令官はJ20のデモンストレーションについて「今回、編隊の形式でデモンストレーションしたことは、J20がすでに初歩的な作戦能力を持つことを示す。そして、弾槽を開けて旋回飛行したことは、すでに新型の中・長距離、近距離空対空ミサイルを搭載する能力を持ったことを説明するものだ」と語った。

また、空軍の発展計画について三つのステップを示し、第1歩を「2020年までに第4世代装備を柱に、第3世代装備を主体とする空軍のパワー体系、指揮体系、作戦体系、保障体系を構築する」、第2歩を「20年から35年までの間に、より充実した、科学的かつ合理的な空軍軍備力体系をつくる」、第3歩を「35年から21世紀中期にかけて、国や国防軍の総合目標と一致させ、世界一流の戦略空軍をつくり上げ、中華民族の偉大なる復興、チャイナドリーム、強い軍隊の夢を実現させる」とした。(翻訳・編集/川尻

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング