看板もメニューも全部日本語!?韓国の“日本化”に反感の声も

配信日時:2019年2月7日(木) 8時0分
看板もメニューも全部日本語!?韓国の“日本化”に反感の声も
画像ID  1042242
6日、韓国・マネートゥデイによると、韓国では若者の間に広がる「日本食ブーム」により、日本語のメニューや商品が急増している。これに対し、一部からは反感の声が上がっているという。写真はソウルのコンビニ。
2019年2月6日、韓国・マネートゥデイによると、韓国では若者の間に広がる「日本食ブーム」により、日本語のメニューや商品が急増している。これに対し、一部からは反感の声が上がっているという。

記事によると、韓国のSNSで日本式発音の「サンド」を検索すると約9000件に及ぶ投稿がヒットする。韓国では日本式サンドイッチが人気を集めており、「たまごサンド」「フルーツサンド」「カツサンド」はそれぞれ4万2000件、2万4000件、1万1000件の投稿がヒットする。そのほか抹茶、コーヒー、もち、あんバター、ケーキなども日本式発音がよく使われているという。

また、店名を日本語で付ける飲食店も多い。「シアワセ」「ココロベントウ」などの日本語をハングルで表記するケース、さらに平仮名やカタカナで表記するケースもあるという。全州にあるとんかつ専門店は看板が日本語、さらにメニューが全て「オヤコドン」「アゲダシドウフ」など日本式発音で表記されている。

これに対し客の一部からは反感の声も上がっている。ある20代の会社員は「すし屋でイカ、エンガワと書かれていたのでどういう意味かと尋ねると、店員にこんなことも知らないのかという顔をされ驚いた」と話したという。

さらに最近では、大手企業が「オルクン(韓国語でピリ辛の意)ウドン」との名前で販売していた商品を「カレーウドン」のハングル表記に変更した。同企業は以前にも「ワカメウドン」との名前の商品について、消費者から「ミヨク(韓国語でワカメの意)ではなくわざわざワカメを使う必要があるのか」との指摘を受けていた。コンビニでも日本式発音の商品が続々と登場しているという。

これについて記事は「無分別な日本語使用は韓国語話者の言語認識に混乱を招く」と指摘している。論文「日本語の言語認識および看板言語についての研究」(2010、中央大日本語教育)によると、韓国で使用される日本語の看板について522人のうち約70%を占める632人が「理解しがたい」と回答している。論文は「日本語の乱用は間違っている。実用的に必要な時のみ、正しい表記法で使用すべき」と主張しているという。

これを見た韓国のネットユーザーからも「日本食以外のものまで日本式発音で表記するのはどうかと思う。たまに日本にいるのか韓国にいるのか分からなくなる」「やっとのことで守り抜いた美しい韓国語を自ら手放しているようで悲しい」「ブームとはいえ、街にあふれる日本風居酒屋をみるたび不快な気持ちになる」「最近の韓国は日本語が多過ぎる。食べ物も店も全部日本風。正直、飽き飽きしている」「先進国ではあまりないことだ。もっと職人精神を持って営業してほしい」など、韓国の“日本化”に否定的な反応が寄せられている。

一方で「じゃあ英語の看板はいいの?」「何をいまさら。英語や日本語を使ってもいい。でもハングルもきちんと守ろう」「別にいいんじゃない?ベトナム料理店に行ってもベトナム語で書かれているじゃん。日本式表記が嫌なら日本料理店に行かなければいい。日本語だけ問題視する理由が分からない」と反論する声も上がっている。(翻訳・編集/堂本
【レコチャコンサル】

あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら


【社内スタッフ募集】

中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 2

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事