【募集中】韓国語社内スタッフ

一度襲えば数年分の収入に!?中国人観光客が海外で狙われる理由―中国メディア

配信日時:2019年4月24日(水) 23時20分
一度襲えば数年分の収入に!?中国人観光客が海外で狙われる理由
画像ID  1042235
22日、中国僑網は近頃海外で中国人観光客が暴力や強盗といった犯罪のターゲットになっているという事実を受けて、「安全対策は大丈夫?」と題した記事で読者の注意を促した。写真はパリ。
2019年4月22日、中国僑網は近頃海外で中国人観光客が暴力や強盗といった犯罪のターゲットになっているという事実を受けて、「安全対策は大丈夫?」と題した記事で読者の注意を促した。

記事はまずフランス在住の中国系男性が遭遇した強盗事件を紹介。パリ13区のイタリア広場の近くに住むチェンさんは、夜食を食べようと午後10時半頃にまだ人通りの多い広場に向かったところ、何者かに突然頭を殴られ、訛りのあるフランス語で「携帯電話を出せ」と脅された。大声で警察を呼ぶと犯人は逃げ出し、チェンさんは周囲の人々に助けられ病院に運ばれ頭を3針縫うことになったという。

記事は、「パリなどの都市では『中国人旅行客を一度襲えば数年分の収入になる』と強盗の間でささやかれている」とし、「辺鄙な場所から大きなホテルにいたるまで、アジア人はどこにいても強盗の標的になっている」「海外に行く中国人旅行客の増加に伴い、中国人を狙った事件は今やパリにとどまらず世界各地で起こっている」と伝えた。

例えばイタリアのローマでも、10~14歳ほどの少女らが旅行客の気を引き、その間にグループの仲間が分担して金目のものを奪うという事件が起こった。ローマの警察によりこの窃盗グループはすでに逮捕されたという。記事は「中国系観光客を狙った犯罪はイタリアの各地で日常茶飯事のように起こっている」と伝えた。また、治安が良いとされていたスウェーデンでも、中国人旅行客43人のパスポートが奪われる事件が起こったという。

中国人旅行客が標的にされる理由として、文章は「中国人が裕福であることに加えて、メディアによって中国人は現金を持ち歩くのを好み、またお金を持っていることを周囲にアピールしようとするなどと報じられるため」とした。加えて、連休の増える今後数カ月は、もし海外旅行に行くなら気をつけるようにと注意喚起した。

文章は具体的に、海外旅行に際して「旅行前に外交部が発信する安全情報をチェックして、慎重に旅行先を選んだ上できちんと保険に加入すること」「現地では夜出歩くのは避け、街を歩く際はひったくりに注意すること。持ち歩く現金は少なめに」など具体的な対策を示した。さらに、万が一犯罪の被害にあってしまった場合も、まずは安全を確保し、警察もしくは大使館に電話して中国政府に助けを求めるようにと伝えた。

この文章に対して中国のあるネットユーザーは「中国こそ世界一安全な国だ」とコメントした。このコメントをめぐっては、「確かに国内の観光地に行けば海外に行かなくても十分事足りる」「でも家にごはんがあっても外に食べに行くこともあるでしょ?」「どこが安全だ。中国の家の窓には防犯の柵がしてあるじゃないか」などさまざまな議論を呼んだ。また、「日本では窃盗どころか、落とした財布が拾われて返ってきた」「シンガポールでは若い女の子が夜も薄着で歩いていて驚いた」など他国の治安に目を向けたコメントもあった。

さらに、「中国ではスマホ一つで支払えて安全だけど、海外の決済システムは遅れてるから現金を持ち歩かないといけない」など海外旅行の難点を指摘する声もあった。(翻訳・編集/岩谷)
【社内スタッフ募集】
日本語ネイティブ、韓国語ビジネスレベルのスタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 2

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事