韓国メディアが日中協力に「疎外感」、一方ネットは「中国市場から抜け出すべき」「日本も韓国のようになる」

配信日時:2018年11月14日(水) 7時20分
韓国メディアが日中協力に「疎外感」、一方ネットは…
画像ID  1042114
5日から10日まで上海で行われた「第1回中国国際輸入博覧会」について、韓国メディアが「コリアパッシングの場だった」と報じ、ネットユーザーからさまざまな声が上がっている。資料写真。
2018年11月5日から10日まで上海で行われた「第1回中国国際輸入博覧会」について、韓国メディアが「コリアパッシングの場だった」と報じ、ネットユーザーからさまざまな声が上がっている。

韓国メディア・中央日報は、同博覧会のサブフォーラムとして開幕前日に行われた「国際金融メディアとシンクタンク・フォーラム」の様子について、「これまで中国主催の会議に出席してこなかった日本メディアが、韓国メディアの約6倍もいた」と伝えている。またその理由について「ロボット展示場では日本企業の参加が目立った」とし、「戦略の核心にスマート製造を掲げる中国製造業ではロボットの需要が急増しており、日本の技術に対する需要も持続的に増えている」と説明。その他の主要展示場でも日本企業は存在感を示しており、中国人客の目を引いていた。多くの日本企業が参加したため、メディアの数も自然に増えたという。

また、多くの日本企業が参加したことについて「米中貿易戦争も関係している」と指摘し、「今回の貿易戦争で米国は、中国の産業発展を阻止するべく米国企業の中国撤退を狙っており、中国は新たな技術パートナーを必要としている。一方、米国との貿易交渉を控えた日本政府にとっても、中国という広大な市場は交渉カードになる」と説明している。展示会に参加した韓国貿易協会中国室長は「日本と中国が新たな技術パートナーシップを形成しているということが如実に感じられた」と話した。KOTRA中国本部長は「米中戦争がもたらすグローバルバリューチェーンの変化に日本はいち早く対応している」と話したという。

その上で記事は「米中貿易戦争による影響を多く受ける国の1つが韓国」と指摘。対外経済政策研究院北京代表も「米国の貿易攻勢により中国を軸としたグローバルバリューチェーンに変化が生じるが、それは韓国にとってチャンスにも危機にもなる」と話しており、今回の博覧会はそのチャンスをつかむ場だったという。しかし製造分野の大手企業が多く参加した日本と違い、韓国は中小企業が中心で大企業は化粧品など消費財分野が目立ったそうで、記事は「対中輸出の70%占める素材・中間財企業の参加率の低さが悔やまれる」と指摘。最後に「韓国産業は技術力を誇る日本と低価格が売りの中国との板挟みになってきたが、中国が日本を技術パートナーに選んだことで疎外される状況になってしまった」とし、今回の博覧会について「中国のコリアパッシングの場でもあった」と伝えている。

これに、韓国のネットユーザーからは「国と国の関係は国益によって目まぐるしく変わる。パッシングなんてとんでもない。日本と中国が今後も良い関係を維持するわけない」「韓国の技術は全て盗んだから次は日本?」「日本も韓国のように、技術を全部とられて追い出されるさ」「もうじき日本は米国からひどい仕打ちを受けるだろう」などと指摘する声が上がっている。

また、「中国に技術を渡す必要がなくなってよかった。韓国は第3の市場を探せばいい」「韓国は第4次産業革命にもっと集中し、中国市場から抜け出すべき」「むしろ韓国が中国をパッシングしている状況だ。中国とは適度な距離を保ちつつ、いち早く東南アジアに進出しよう」と主張する声も。

一方で「英語を勉強して移民するしかない」「中国と日本は韓国を下に見ている。そして韓国がそのレベルに向かって進んでいるのも事実」「文大統領の外交能力の低さに驚く」「もう一度大統領を弾劾するべき?」など不安の声も上がっている。(翻訳・編集/堂本
【社内スタッフ募集】
中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事