Record China

ヘッドライン:

<万里の長城遭難>日本人観光客を助けるため…救助隊150人が腰まで積もった雪の中を徒歩で捜索―中国

配信日時:2012年11月6日(火) 15時51分
拡大
6日、中国河北省張家口市懐来県の万里の長城で日本人観光客4人と中国人ガイド1人が遭難した事故で、地元の救助隊員150人余りが腰まで積もった雪の中で懸命に捜索活動を行っていたことが分かった。写真は4日、大雪となった河北省承徳市。
(1/8枚)

2012年11月6日、中国河北省張家口市懐来県の万里の長城で日本人観光客4人と中国人ガイド1人が遭難した事故で、地元の救助隊員150人余りが腰まで積もった雪の中で懸命に捜索活動を行っていたことが分かった。新京報が伝えた。

その他の写真

同県委員会宣伝部の李景波(リー・ジンボー)副部長が5日、同紙の取材で明らかにした。李氏によると、現場は正規の観光コースではなく、整備されていない不便な山地。そのため、救助活動にはかなりの時間と労力を要したという。

一行5人が遭難したのは3日。午後9時(現地時間、以下同じ)ごろから雪や雨が強くなり、下山できなくなった。中国人ガイドが1人で下山し、同11時ごろ、警察に通報。張家口市と懐来県が総勢150人余りの救助隊を動員し、全員が腰まで雪に埋まりながら徒歩で懸命な救助活動を行った。

4日午前8時、遭難した日本人観光客を発見したが、救助が終わったのは午後4時だった。救助活動が長引いたことについて、李氏は「現場は正規の観光コースではなく、最も近い村からでも10kmはある。道は整備されておらず、積雪は腰まで達していた。4人の日本人が高齢だったことも、救助を難航させた一因」と説明した。(翻訳・編集/NN)

関連記事

大雪の万里の長城で日本人4人が遭難、3人死亡、1人負傷―河北省張家口市

4日、中国・河北省張家口市懐来県政府は、今月3日に同県にある万里の長城で遭難した日本人観光客4人と中国人ガイド1人について、日本人観光客3人が犠牲となり、救出された2人は病院で治療中で、容体は安定していると明らかにした。写真は懐来県の万里の長城。

Record China
2012年11月5日 9時53分
続きを読む

<万里の長城遭難>紅葉の美しい時期、静かな大地……主催旅行会社の広告に隠された真実

3日、河北省張家口市懐来県の万里の長城付近で、登山ツアーに参加していた日本人4人を含む5人が強風と大雪で遭難した。アミューズトラべルが企画したツアーに隠された真実とは?写真は4日、大雪に見舞われた北京の八達嶺長城周辺で救援活動を行う警察。

Record China
2012年11月6日 13時52分
続きを読む

ランキング