Record China

ヘッドライン:

【動画】酒に酔った中国の男、消火器持ってバスで暴れる

配信日時:2018年11月15日(木) 18時50分
拡大
中国広西チワン族自治区南寧市で10日、酒に酔った男がバスの車内で暴れる騒動が発生した。

中国広西チワン族自治区南寧市で10日、酒に酔った男がバスの車内で暴れる騒動が発生した。南寧晩報が伝えた。

映像では男が運賃箱やICカードの読み取り機などを蹴っているのがわかり、車内に備え付けられた消火器でドアを叩く場面も映っている。運転手によると、当日のバスのルートは道路工事により変更となり、男は自分が降りるはずの駅が過ぎてしまったことに気が付き、すぐにバスを止めるよう要求。規定により停留所以外での停車ができないと知ると男は暴れ始め、映像の一幕に発展した。

男が消火器を持って車内をうろうろし始めると、危険を感じた運転手はバスを端に寄せ止めた。男はバスがドアを開けないと見ると今度は窓から外に飛び出そうとし、騒ぎを起こした男が逃げないよう男性客らが制止。その後男は乗客らによって取り押さえられ、警察に連行された。

中国では先月28日に重慶市で、バスの運転手と乗客の女性がもめ、バスが橋から転落する悲惨な事故が起きたばかり。南寧市で騒動があったバスには当時30人ほどが乗車しており、年配者や子どもが多かったという。男の危険な行為で乗客全員の安全が脅かされたとしてネットでは批判の声が多く寄せられている。(翻訳・編集/内山

※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

日本人の慰安婦像蹴りが怒りに火、路線バスの車外広告で日本に謝罪求める―台湾

11日、日本の民間団体の代表者が台南市に設置された慰安婦像に蹴りを入れたとされる問題で、中国との統一を主張する「新党」のメンバーが、台北市内の路線バスの車外広告枠を買い取り、日本に元慰安婦への謝罪を要求したという。写真は台南市に設置された慰安婦像。

Record China
2018年9月11日 18時40分
続きを読む

ランキング