2019年はパンダと一緒に!カレンダー発売中

<中国人観光客が見た日本>清水寺は外国人だらけ、一番見分けやすいのは韓国人、次が中国人

配信日時:2018年11月24日(土) 13時0分
清水寺は外国人だらけ、一番見分けやすいのは韓国人、理由は…―訪日中国人
画像ID  1042009
12日、中国のインターネット上にこのほど、日本を訪れた中国人の旅行記が掲載された。写真は清水寺(資料写真)。
2018年11月12日、中国のインターネット上にこのほど、日本を訪れた中国人の旅行記が掲載された。以下はその概要。

日本で最も美しい寺はどこか。おそらく、人によって答えはさまざまだろう。だが、「最も人気の寺」といえば、京都の清水寺は間違いなくトップ3に入る。11月は、秋の清水寺参拝のハイシーズン。京都の緯度は江蘇省と近い。到着する前はとても寒いと思っていたが、意外にも暑かった。滞在した5日間はいずれも晴天に恵まれ、シャッターを切るたびに素晴らしい写真が撮れた。

天気に誘われ、観光客も大勢やってきていた。主に日本人、中国人、韓国人、シンガポール人、タイ人、そして台湾人や欧米からの観光客も。中でも韓国人は見分けやすい。話し声が大きく、少しうるさい。次にわかりやすいのが中国人だ。その数は全体の半分以上を占め、日本人よりも多かった。清水寺では耳慣れた言葉が飛び交い、中国にいると錯覚するほどだった。

清水寺の人気の理由は、交通の便の良さと悠久の歴史。778年(草創)に建てられ、1200年余りの歴史がある。当時は日中の交流も盛んだった時代だ。学びに熱心な日本人は、文字から建築、生活様式まで、さまざまなことを唐に学んだ。清水寺にはその唐の風貌が色濃く残っている。春には桜が、秋には紅葉が「舞台」を囲み、とても幻想的な雰囲気になる。私が行った時は残念ながら補修のための足場が組まれていた。

清水の舞台を見学し終え、指示に従って歩いていると、「音羽の滝」に出くわした。これも有名だ。清水寺の山号は音羽山といい、主に千手観音が奉られている。

京都の抹茶は日本でとても有名だ。清水寺の中にも茶屋や茶室があり、山林の中で日本の茶道を体験するのもとても興味深い。清水寺では和服を着た男女がたくさんいたが、よくよく聞くとほとんどが中国語か広東語を話す中国人だった。(翻訳・編集/北田
レコードチャイナによる取材をご希望の方は、ウィチャット(WeChatID:renshujian197523)までご連絡ください。その際は自己紹介と要件を明記して下さい。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 4

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • ロビタ***** | (2018/12/04 00:28)

    中国人の摩訶不思議。 日本よりも電子マネーを使いこなしている割に会話を大声でする不思議さ。 日本国内では、皆当たり前にメールでの会話をする。 他人に会話を知られたく無いプライベート空間だからなのだが中国人は日本で何故デカイ声で叫び合うのだろう。 日本人は物静かなのではなくて携帯電話を活用しているだけ。 日本人は電子マネーは余り好まないがポイントは携帯電話でで集めている。 もう数年立つと中国人は煩いと言う話は笑い話に変わっている筈だ。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • 日本人***** | (2018/11/24 14:30)

     関西空港と大阪の間の街に住んでます。電車に乗れば、100%スーツケースが邪魔な中・韓国人が乗っています。(ウルサイし、乗降の邪魔だし、通路は通り難いし・ゴミはそのままに下車するし…)  京都に行って、市バスに乗ろうとすれば、コイツらの荷物が邪魔で乗れません。清水に限らず、景観は台無しだし・ゴミのポイ捨て・禁止場所での喫煙・列の割り込み・騒音・不法侵入・盗撮・窃盗…等々。  こいつらは『観光公害』の発生源です。この汚染物質をこの拒絶する権利が、日本には(日本人には)有ると思います。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • hoo***** | (2018/11/24 13:38)

    あーいやだいやだ^^日本の観光地も歴史的史跡も台無しだ。
    このコメントは非表示に設定されています。

最新ニュースはこちら

SNS話題記事