安倍首相、日韓交流イベントに祝辞送らず=韓国ネットが批判

配信日時:2018年11月13日(火) 12時40分
日韓交流イベントに祝辞送らず、安倍首相を韓国ネットが批判
画像ID  1042003
安倍晋三首相が今月4日に大阪で行われたイベント「四天王寺ワッソ」に祝辞を送らなかったとのニュースが、韓国のネット上で物議を醸している。写真は安倍首相。
安倍晋三首相が今月4日に大阪で行われたイベント「四天王寺ワッソ」に祝辞を送らなかったとのニュースが、韓国のネット上で物議を醸している。

韓国・ソウル新聞は、大阪の難波宮跡で毎年開催されている同イベントについて「5~6世紀に朝鮮半島から日本に文物を伝えた渡来人の行事を再現するもので、日本では唯一、日韓首脳が共に祝賀メッセージを送るイベントだった」と伝えている。韓国外交部関係者は「安倍首相は今年、祝辞を送らなかった」とし、「大阪が中央政府に祝電を要請したかどうかは確認できていない」と説明した。そのため今年は、駐大阪総領事だけが文在寅(ムン・ジェイン)大統領の祝辞を代読したという。

また記事は「韓国最高裁が日本企業に強制徴用被害者への賠償を命じた後、日本は防弾少年団のテレビ番組出演キャンセルなど民間はもちろん、中央政府や地方自治体レベルでも強硬な対応をみせている」と指摘。韓国の大邱広域市寿城区関係者も最近、「岐阜県岐阜市と姉妹都市を提携する予定だったが、最高裁の判決により難しくなったとの通知を受けた」と明らかにし、「中央政府と自治体の立場を総合的に判断したようだ」と説明したという。

これを受け、韓国の国務総理室は13日に専門家懇談会を開き、対応策を議論するという。韓国・聖公会大学日本学科のヤン教授は「日本が非常に感情的になっている状態であるため、韓国は逆に落ち着いて冷静に対応する必要がある」と指摘しているという。

これについて、韓国のネットユーザーからは「器が小さい」「幼稚なやり方」「信じていた文大統領に裏切られたからすねてしまったようだ」「過去の歴史問題については韓国も怒っている。むしろ祝辞なんて受け取りたくない」など、批判的な声が多く上がっている。

一方で「最近の韓国は内部の不満を解消するのに反日を利用しようと、日本を必要以上に刺激してきた」「今の状況で祝辞など送れるわけない。今回は安倍首相の気持ちを理解する」「韓国は反日感情を捨てる時。米国とも仲が良くないのに、日本まで除外してはいけない」と指摘する声も。韓国最高裁の判決をめぐっては「韓国政府が被害者らに賠償して終わらせよう」と提案する声も見られた。(翻訳・編集/堂本
【レコチャコンサル】
あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら
最新ニュースはこちら

SNS話題記事