「安全な韓国」をつくるはずが…相次ぐ事故に沈黙の大統領府、ネットから非難続出

配信日時:2018年11月13日(火) 20時40分
「安全な韓国」をつくるはずが…相次ぐ事故に沈黙の大統領府に非難
画像ID  1041832
12日、韓国・朝鮮日報は「『安全な国』を掲げた大統領府、相次ぐ事故に沈黙モード?」と題する記事を掲載した。写真は韓国大統領府。
2018年11月12日、韓国・朝鮮日報は「『安全な国』を掲げた大統領府、相次ぐ事故に沈黙モード?」と題する記事を掲載した。

記事によると、今月9日にソウル・鍾路(チョンロ)区にある考試院(コシウォン、受験生が集中して勉強するために造られた宿泊施設)で火事が発生し、日雇い労働者ら7人が死亡した。同日、京畿道(キョンギド)南楊州(ナムヤンジュ)で開かれた「消防の日」に出席した李洛淵(イ・ナギョン)首相は「国民に申し訳ない。消防体制を今一度確認する」と話した。火事の現場を訪れたのは行政安全部の金富謙(キム・ブギョム)長官のみで、大統領府は特にコメントを出さなかったという。

文在寅(ムン・ジェイン)政権は政権1年目、「事件事故が起こるたびに大統領が責任を負うのか」との指摘が出るほど事故に気を遣っていた。昨年12月3日午前6時ごろ、仁川(インチョン)霊興島(ヨンフンド)の海上で22人が乗った釣り船が給油船と衝突して転覆し、15人が死亡した事故の際、文大統領は翌日に「事故を防げなかったこと、(人を)救助できなかったことは国の責任」と述べた。また多くの死者を出した昨年12月21日の忠清北道(チュンチョンブクト)堤川(チェチョン)市スポーツセンター火災や今年1月26日の慶尚南道(キョンサンナムド)密陽(ミルヤン)の病院火災の際も、文大統領は直接現場を訪れコメントを発表していたという。しかし政権2年目に入り、文大統領が火災などの安全事故について直接言及する回数は減少、代わりに李首相がコメントを出すケースが増えたというのだ。

これを受け、韓国のネット上は「もうショーをする価値がないと思ってるんでしょ。北朝鮮のことばかり考える文大統領は、朴槿恵(パク・クネ)前大統領より無能だ」「大統領府がコントロールタワーという話はうそでしたとさ」「セウォル号沈没事故は(大統領を)弾劾できたけど、火災事故では弾劾できないのかな?」「見出しは『北朝鮮は安全な国』じゃなくて?」「もう大統領になったから目標を達成したし、そんなことに関心を持つ必要がないということ」「安全どころか国のことは後回しで、自分のことしか考えてない」など、文政権を非難するコメントが相次いでいる。(翻訳・編集/松村)
【レコチャコンサル】
あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら
最新ニュースはこちら

SNS話題記事