米国で初の慰安婦国際映画祭「歴史の真実を知らせるきっかけに」=韓国ネット「日本は謝罪を」

配信日時:2018年11月12日(月) 12時0分
米国で初の慰安婦国際映画祭「歴史の真実を知らせるきっかけに」
画像ID  1041697
11日、韓国・KBSによると、旧日本軍慰安婦問題を扱った初の国際映画祭が米国の首都ワシントンで開催された。写真は「The Apology」のチラシ。
2018年11月11日、韓国・KBSによると、旧日本軍慰安婦問題を扱った初の国際映画祭が米国の首都ワシントンで開催された。

「戦争中の性暴力、癒えない傷」がテーマの同映画祭には、韓国をはじめ中国、豪州など5カ国から9作が出品された。開幕作には、元慰安婦女性が米議会の聴聞会で証言するまでの過程をコミカルかつ感動的に描いたキム・ヒョンソク監督の「アイキャンスピーク」が選ばれた。主人公のモデルとなったイ・ヨンスさんは、2007年に米下院の聴聞会で慰安婦被害を証言した人物。当時、この証言に感動したマイク・ホンダ下院議員は、米議会における慰安婦決議案採択を主導した。

その他、オランダ出身の元慰安婦女性を扱った映画「50年間の沈黙」や、チョ・ジョンレ監督の「鬼郷」も出品された。

記事は「日本政府は今も『強制連行の証拠はない』として慰安婦の歴史を歪曲(わいきょく)し、強制徴用被害者についても徴用工ではなく『旧朝鮮半島出身労働者』との表現で強制性を否定している」と主張し、今回の映画祭について「規模は小さいが歴史の真実を知らせるきっかけとなった」と評価している。また、映画祭に出品された中国系カナダ人であるティファニー・ション監督のドキュメンタリー映画「The Apology」は今後、ポートランドやロサンゼルス、シアトルなどでも上映される予定で、記事は「慰安婦問題に対する米世論を喚起するだろう」と期待を寄せている。

これに、韓国のネットユーザーからも「米国だけではなく、全世界を回って開催したら?」「日本が謝罪しないなら、その事実を広めて罪を問う必要がある」「政権が変わった途端、韓国の悲しい歴史が世界に広まり始めた。もっと早くからこうあるべきだったのに」など映画祭に肯定的なコメントが数多く寄せられている。また「日本は歴史を謝罪するべきだ」と訴える声や、「もっと多くの人が関心を持つよう、BTSとか人気アイドルを招待するべき」と提案する声も。

一方で「反日パフォーマンスはもううんざり」「解決済みの問題なのに」と指摘する声も見られた。(翻訳・編集/堂本

【日中WeChat交流広場オープン】

新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください!

WeChatの掲載希望も大歓迎!

あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事