「反日」が病気なら、「精神日本人」はより重症―中国専門家

配信日時:2018年11月12日(月) 16時20分
「反日」が病気なら、「精神日本人」はより重症―中国専門家
画像ID  1041683
12日、環球時報は、「日中関係が改善するなかで、『精神日本人』への見方を変えてはならない」とする、黒龍江省社会科学院東北アジア研究所の笪志剛氏による評論記事を掲載した。資料写真。
2018年11月12日、環球時報は、「日中関係が改善するなかで、『精神日本人』への見方を変えてはならない」とする、黒龍江省社会科学院東北アジア研究所の笪志剛(ダー・ジーガン)氏による評論記事を掲載した。以下はその概要。

近頃、英BBCの中国版サイトに、ある日本人による「日中関係を真に正常化するなら『精神日本人』の名誉を回復すべきだ」との文章が掲載された。文章では、複雑な論理のすり替えや粉飾を利用して「精神日本人」という概念を「日中の相互理解促進において最も役割を果たすべき人」と位置付けている。これは「精神日本人」の然るべき定義から著しく乖離(かいり)し、定義そのものをひっくり返すものだ。

「精神日本人」は中国ではけなし言葉であり、まさに王毅(ワン・イー)外相が言う「中国のクズ」に他ならない。中国は互いに学び合うことを提唱しているが、歴史の事実を冒とくしても構わないという意味では断じてない。歴史は恨み続けるためのものではないが、軽々しく忘れてもいけないのだ。

日中両国の戦後の発展は、両国友好の礎が広範な民衆にあることを証明してきた。すなわち、困難の中で抵抗を排除し、友好を進めてきた知日派、知中派の存在だ。しかしそこには「精神日本人」が入る余地はない。なぜなら、日中関係は終始「歴史をかがみとして未来を志向する」ことを基本としているからだ。歴史を無視し、民族の尊厳を踏みにじる「精神日本人」は、歴史虚無主義とでも言うべき存在だ。

日中両国は、移動することのできない隣国同士であり、関係が改善してもなお歴史や現実の問題を処理しなければならない。両国民の感情の回復には、真の率直さと誠意が必要だ。

反日を一種の病気とするなら、「精神日本人」はなおのこと大きな病であり、両国の有識者が協力して「手術」をしなければらない。日中関係の好転を射幸心で捉え、日本を米国との対抗のカードとして利用すべく歴史問題で譲歩をしようというのは、幼稚な病気と言えるのである。(翻訳・編集/川尻
【レコチャコンサル】
あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • ato***** | (2018/11/12 17:35)

    >「精神日本人」は中国ではけなし言葉であり、まさに王毅(ワン・イー)外相が言う「中国のクズ」に他ならない そんな考え方をする方が〈病気〉である。以前にも中国系日本人(中国から日本に帰化した人)が暴行を受ける事件があったが、その理屈によると中国系日本人こそ〈中国のクズ〉ではないのか。国籍を変えることは病気ではないし、日本が好きなことも個人の自由である。つまり『自由なんてクズの言うことだ』である。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事