兵士の携帯使用を許可した韓国軍、準備不足で機密流出の危機

配信日時:2019年1月29日(火) 9時20分
兵士の携帯使用を許可した韓国軍、準備不足で機密流出の危機
画像ID  1041598
韓国国防部は今月中旬から、軍部隊内での携帯電話の使用を段階的に認めている。しかし、これについて韓国・YTNは18日、「準備不足で推進したため、機密が流出する危機にさらされている」と指摘した。写真は南北境界の板門店。
韓国国防部は今月中旬から、軍部隊内での携帯電話の使用を段階的に認めている。しかし、これについて韓国・YTNは18日、「準備不足で推進したため、機密が流出する危機にさらされている」と指摘した。

記事によると、軍部隊内では動画や写真の撮影が禁止されているため携帯電話を使用する際はカメラのレンズに保安用シールを貼るよう定められているが、ルールを守らない兵士が多い。また、シールは一度はがすと色が変わる仕組みになっているが、シールはもともとはがれやすい上に部隊内やインターネットなどで簡単に購入できるといい、記事は「意味のない機能だ」と指摘している。さらに、携帯電話のGPSや録音機能を通じた軍事機密の流出に対しては「対策すらない」という。

国防部はこうした危険性を認識し、民間企業にカメラやGPSの作動を遮断するアプリケーションの開発を依頼しているが、完成時期は未定だという。昨年2度行われた試験導入でも「携帯電話の使用許可よりアプリの開発が先」との意見が出ていたが、国防部は「これまでに機密が流出した事例はない」との理由で計画を予定どおり進めたという。

現在、携帯電話の使用が認められている兵士の数は全体の30%に及ぶ12万人。来月には50%、4月からは100%に拡大する予定だという。記事は最後に「しっかりした対策もなく準備不足の状態で政策が推進されたため、今この瞬間にも軍の保安は大きな危険にさらされている」と警告している。

これに、韓国のネットユーザーからは「本当に無責任だ」「兵士の携帯の使用が韓国軍の保安より重要だとは思えない。一時中断し、対策を整えた後に再開するべき」「焦り過ぎだから問題が生じるのも当然。朝鮮半島統一が実現したわけでもないのに」など国防部の対応に不満の声が相次いでいる。

また、「携帯電話を使えば国防力が強化されるのか?今すぐ元どおりにしてほしい。軍隊は遊びに行くところじゃない」「軍隊で携帯を許可するという発想自体がおかしい。機密を流出させ北朝鮮に送ろうとしているの?」など携帯の使用許可自体に反対する声も多く上がっている。(翻訳・編集/堂本
【レコチャコンサル】

あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら


【社内スタッフ募集】

中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 2

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事