韓国と北朝鮮、国境の監視所22カ所から撤兵、大量の地雷も撤去―中国メディア

配信日時:2018年11月12日(月) 14時20分
韓国と北朝鮮、国境の監視所22カ所から撤兵、大量の地雷も撤去
画像ID  1041568
韓国と北朝鮮が9月に取り決めた合意に基づき、国境非武装地帯にある監視所22カ所から兵士を撤退させたと報じられた。写真は韓国と北朝鮮の国境。
2018年11月11日、参考消息(電子版)によると、韓国北朝鮮が9月に取り決めた合意に基づき、非武装地帯(DMZ)にある監視所22カ所から兵士を撤退させたことを韓国国防部関係者が明らかにした。

AP通信によると、双方が監視所11カ所から撤兵させ、火力装備も撤収された。これに先立ち板門店周辺に埋設されている大量の地雷も撤去されたという。

撤兵させたことについて、韓国政府は相互信頼を構築するための重要な一歩であり、両国の和解を促進させ、地域の平和維持にもプラスとなるとしている。

なお、長さ248キロにわたる非武装地帯には地雷が数百万個埋設されており、監視所は韓国側には約60カ所、北朝鮮側には約160カ所あるとされているという。(翻訳・編集/岡田)
【レコチャコンサル】

あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら


【社内スタッフ募集】

中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 2

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事