Record China

ヘッドライン:

英オークション企業、円明園の文化財2点の出展を中止=中国との摩擦恐れて―中国メディア

配信日時:2012年11月4日(日) 19時28分
拡大
2日、英オークション企業ボナムズは、予定されていた中国・円明園の流失文化財のオークションを中止したことを明かした。中国との摩擦を恐れたためだという。写真は北京市、円明園遺跡。
(1/8枚)

2012年11月2日、英オークション企業ボナムズは、予定されていた中国・円明園の流失文化財のオークションを中止したことを明かした。3日、中国新聞網が伝えた。

その他の写真

先日、ボナムズは8日開催のオークションに円明園から流失した玉器2点を出展すると発表した。第2次アヘン戦争(アロー戦争)に従軍したロバートソン大尉が持ち出したという証明書もついている。

円明園の流出文化財といえば、09年にも十二支像頭部が出展されて話題となった。ある中国人が高額で落札した上で代金を支払わないという妨害工作に出るなどの騒ぎに発展したが、今回の出展も注目を集めていた。ボナムズは中国との摩擦を避けるべく、玉器のオークション中止を決めたという。(翻訳・編集/KT)

関連記事

中国富裕層が世界のアート市場を占領、文化財を取り戻そうとの「文化的使命感」―中国メディア

19日、中国新聞網は記事「アート界に吹く中国風=中国作品の需要は中国にしかない―韓国メディア」を掲載した。中国アートビジネスは急成長を続け、2010年には世界一のオークション市場となった。写真は13日、南京博物館の龍文化財精品。

Record China
2012年1月22日 9時7分
続きを読む

ランキング