2019年はパンダと一緒に!カレンダー発売中

韓国観光業界の苦悩「中国人観光客に頼りたくない、でも…」―中国メディア

配信日時:2018年11月23日(金) 11時10分
韓国観光業界の苦悩「中国人観光客に頼りたくない、でも…」
画像ID  1041197
21日、観察者網は、韓国の華字紙・亜洲日報を引用して、韓国の観光業が中国人観光客から脱却するのはそう簡単なことではないと報じた。写真は韓国・ソウル。
2018年11月21日、観察者網は、韓国の華字紙・亜洲日報を引用して、韓国の観光業が中国人観光客から脱却するのはそう簡単なことではないと報じた。

記事はまず「昨年3月に中国が韓国行きツアー商品を中止したことで、観光業、免税店業は深刻な打撃を受けた」と紹介。「この1年余り、メディアは『中国人観光客はすぐに戻ってくる』と再三伝えてきたが、実際は現在に至るまで戻っておらず、関係者はその都度がっかりさせられている」とした。

また、多くの韓国国内の専門家から「韓国観光業は中国市場への依存から脱却し、多様な市場を開拓しなければならない」との意見が出ていると紹介。一方で、「このような戦略も今のところ実質的な役割を何ら発揮できていない」と指摘している。

その上で、今年10月に韓国を訪れた中国人が約49万7000人なのに対して米国人は約1万8000人、ベトナム人も約1万6900人にとどまり、日本人も9月現在で約24万8000人と中国人に遠く及ばないことを挙げ、「母数にしろ、その成長速度にしろ、中国人観光客の代わりになりようがない」と説明した。

記事はさらに「中国人観光客は減ったが、中国の個人輸入は依然として韓国の免税店業界を支えている。韓国免税店協会が20日に発表した情報によると、今年の免税店販売額は昨年記録した過去最高をさらに上回る見込みだという。これは主に中国人による個人輸入のおかげだ。中国人観光客がいなくても、中国市場の強大な購買力はどの国の観光客でも代替不可能なのである」と論じた。

そして、「現実的に、中国は依然として最も重要で代わりの利かない、そして業界が捨ててはいけない市場だ。中国に代わる市場を探すより、中国との関係の亀裂を埋め直す、特に両国の民意の基盤を補修すべき」と指摘している。(翻訳・編集/川尻
レコードチャイナによる取材をご希望の方は、ウィチャット(WeChatID:renshujian197523)までご連絡ください。その際は自己紹介と要件を明記して下さい。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 4

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • ロビタ***** | (2018/11/24 03:46)

    韓国の変てこなプライドが理解できない。 中国人を何故拒絶したがるのか根本的に理解が出来ない。 韓国政府が今まで日本に対して親日だったからこそ、中国を下に観ている様だが日本政府も日本国民も中国を下に見た事など無い。 現実日本政府は中国政府に対しても中国国民にしても友好的関係を続けてきていてなんら下に観る場面など無い。 それが予想だにし無い程中国人には好評な様だ。 ただ日本人も企業もそれ程特別な事はしていない、企業は日本人だろうと海外の人だろうが満足してくれるものを提供して、客が評価するだけ。 中国人が増えて来た事で在日中国人のやり方が観光客に逆効果になる場面も多い。 商品に対して中国語でのルールやマナーを強く指示するのは日本人ではないのだが、まだ今は共に向上して行くだけ。 今在日中国人の向上心は、とても日本に刺激を受けて活発だ。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • ちゅる***** | (2018/11/23 18:31)

    見捨てられないよう、せいぜい宗主国様には尽くしておくべきでしょう。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • ato***** | (2018/11/23 16:08)

    世界各地にある〈中華街〉は中国人しか来ないそうだ。しかし日本の中華街だけは日本人の来客が多いため、本国に見捨てられても困らないという。韓国国内の人は〈免税店〉に行かないため比較できないが、中国人観光客が来なくなっても、国内の内需で補えるはずである。
    このコメントは非表示に設定されています。

最新ニュースはこちら

SNS話題記事