中国の密航者はなぜ日本行きのフェリーに狙いを付けたのか―中国メディア

配信日時:2018年11月9日(金) 11時20分
中国の密航者はなぜ日本行きのフェリーに狙いを付けたのか―中国メディア
画像ID  1040886
7日、観察者網は、フェリーに乗って日本への密航を企てる中国人が増加した理由について解説する記事を掲載した。資料写真。
2018年11月7日、観察者網は、フェリーに乗って日本への密航を企てる中国人が増加した理由について解説する記事を掲載した。

記事はまず、日本メディアの報道を基に、「2015年から今年6月末までにフェリーで日本を訪れ、失踪した外国人は171人に上る。失踪は中国から九州地方を結ぶ路線で多発し、その多くが中国人とのことだ」と紹介。「もともとフェリーを使って密航する現象はあったが、頻発するようになった背景には、2015年3月に日本政府がフェリー客の日本入国に際してビザを免除する制度を導入したことと密接に関わっている」と指摘した。

その上で、「フェリー渡航客の増加に伴って入国審査の時間を減らすために実施したノービザ制度では、渡航客は身分証明と申請書を提出するだけで乗船の申し込みができる。乗船時にパスポートを係員に預け、日本観光当日はパスポートのコピーがあれば入国できる。システムとしては厳格な体制を取っているが、それでも100%密航者を防ぐことは難しいのが現状だ」と説明した。

さらに、「かつては韓国で中国人による密航や不法滞在が頻発して社会問題になっていた。それが、15年3月に日本がノービザ政策を実施すると、日本へのフェリー渡航客が増え、日本での不法滞在者の数も増えた。2017年にはTHAAD(高高度防衛ミサイル)問題で多くのフェリー会社が目的地を韓国から日本に変更した。これも、日本での中国人の不法滞在者を急増させる一因になった」と解説している。(翻訳・編集/川尻
レコードチャイナによる取材をご希望の方は、ウィチャット(WeChatID:renshujian197523)までご連絡ください。その際は自己紹介と要件を明記して下さい。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 3

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • アメポ***** | (2018/11/11 04:57)

    >>「フェリー渡航客の増加に伴って入国審査の時間を減らすために実施したノービザ制度では、渡航客は身分証明と申請書を提出するだけで乗船の申し込みができる。乗船時にパスポートを係員に預け、日本観光当日はパスポートのコピーがあれば入国できる。システムとしては厳格な体制を取っているが、それでも100%密航者を防ぐことは難しいのが現状だ」 裏社会の人間には真に都合の良い制度だなあ。日本政府は無能なのか? って問うまでもなかったか。無能以外の何物でもないな。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • ロビタ***** | (2018/11/10 11:29)

    日本に住む事も仕事も簡単だがビザが確りしていないと、まともにお金の貰える仕事にはありつけないよ。 それなりにお金が貰える仕事したいならビザを確りしないと、生活するだけのために仕事しか貰えない。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • mor***** | (2018/11/09 17:48)

    そうか、そんじゃそろそろ徹底的に「大掃除」が必要ということだな。 この際、不法滞在外国人は100年くらい遡ってでも全てしょっ引いて牢獄にブチ込むか強制送還しろ。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事