韓国メディア掲載の「中国人」イラストを中国メディアが問題視=中国ネットも反発

Record China    2018年11月8日(木) 10時20分

拡大

7日、中国メディアの環球網は、韓国を代表する通信社である聯合ニュースの中国語版サイトに「不愉快なイラスト」が掲載されたと報じた。

2018年11月7日、中国メディアの環球網は、韓国を代表する通信社である聯合ニュースの中国語版サイトに「不愉快なイラスト」が掲載されたと報じた。

記事が問題視したのは、「韓国の火鶏炒め麺が、中国の海淘族(インターネット経由で海外の商品を購入する人)に最も人気の韓国食品になった」とする記事に添えられたイラストだ。

記事は、「韓国人は、中国人のイメージを『清朝人』『辮髪(べんぱつ)』『細目』と定義することを好むようだ」とし、先ごろ、Netflixと韓国のYGエンターテインメントが制作したバラエティー番組「YG戦略資料本部」が中国を侮辱したとして物議を醸したことを伝えた。

報道によると、同番組には、中国の東南沿海地域が抜けた「誤った中国地図」が登場したほか、清朝時代の伝統衣装を着た韓国人の警備員が中国公安に捕まると、中国語で「私は豚だ」と叫ぶシーンなどがあったという。

こうした一連の問題を受け、中国のネット上では反発する声が多く上がっている。また韓国製品を好んで買ったり、韓国旅行を好む中国人に対し「これをよく見るがいい。韓国人は君たちをこのように見ているんだ。それでもまだ行ったり買ったりする?」と主張する人もいた。

一方で、「中国のテレビ局も(清王朝モノの)辮髪ドラマをたくさん放送しているじゃないか。人のこと言えるか」と指摘する人もいた。(翻訳・編集/柳川)

この記事のコメントを見る

新疆ウイグル自治区で最も有名な日本人・小島康誉。彼はどのようにして新疆にたどり着き、現地の人々から敬慕されるに至ったのか。購入はこちら

専門家とつながろう WeChat広場はこちら

求人情報はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携