Record China

ヘッドライン:

<中国人観光客が見た日本>「こんな天気でどうやって…」=京都旅行で降り出した雨、でもそれは恵みの雨だった

配信日時:2018年11月11日(日) 15時0分
拡大
2018年11月7日、中国のネット上に、京都旅行をした中国人による旅日記が掲載された。以下はその概要。

京都に到着したが、折あしく台風が襲来したため、京都はずっと雨だった。車を降りた時、「こんな天気でどうやって写真を撮ればいいのか…」とつぶやいた。ところが、思いがけないことにこの雨のおかげで京都の景色はより一層味わい深くなり、自分が予想していた以上の景色を撮ることができた!

荷物を民宿に預け、機器を持って錦市場へ向かった。本来の計画では2日目の夜に行く予定だったが、雨なので先に行くことにした。地下鉄を出て、ずっと歩くとようやく錦市場に到着。途中で多くの人や物を見かけた。実のところ、これは私にとって初めての雨天での街頭撮影だ。片手に傘を持ち、もう片方の手でカメラを構える。これは実に難しく、自分の撮りたい景色を素早く撮り、同時に機器が雨に濡れないように注意しなければならなかった。

伏見稲荷大社近くの駅に到着後、雨でも人が多いことに気が付いた。駅から北へ向かう道を行き、少しの上り坂を上ると大社の入り口に到着だ。有名な観光地の一つとしての伏見稲荷大社は、確かに賑やかだと言わざるを得ない。正殿までの道は参拝客でいっぱいだ。稲荷大社に来たら、必ず鳥居を撮らないと。地図で見ると、稲荷大社は日本でも数少ない面積が非常に大きい神社で、その鳥居の数の多さには驚く。最初の鳥居から始めて基本的に山全体に鳥居があるのだ!鳥居を一通り回ったが、期待するような写真を撮ることはできなかった。人が多すぎで、しかも雨がずっと降っていたので撮影が邪魔されたのだ。

時計を見るともう12時だ。私は大社を出て入口にあったうどん店に入り、うどんを1杯注文した。少し休んでから鳥居をあきらめて清水寺へ行こうと思ったのだ。ところが、うどん店の中で午前中に撮影した写真を見たら、やっぱり残念に思い、もう一度チャレンジしようと思った。今回は少し遠くまで行って、人が少ない所ならいい写真が撮れるはずだ!このおかげで、今回の収穫は大きかった。人の群れを避けるため遠くまで歩いていき、まったく人がいない所まで行った時、私は気が付いた。雨の鳥居はより一層暗くて静寂なのだ。このチャンスを生かしてシャッターを切りまくった。

もし人が少ない所で鳥居の写真を撮りたいと思ったら、遠くまで歩いていくことをおすすめする。旅行客が集中するのは手前半分のところで、山の上の方向へ行けば人がどんどん少なくなり、シャッターチャンスが増えるのだ。

次の目的地は清水寺だ。午前中に大社を撮影した時、残念なことに和服を着た女性を撮れなかった。でも清水寺では偶然にも、入り口を入った途端、和服を着た2人の人を見つけた。しかも中国人女性だ。すぐに声を掛けたが、正面の写真を撮りたいとは思っていなかったので、後姿を撮らせてくれるようお願いし、2枚撮影した。歩き続けて正殿に入る途中でも、雨の後の山寺を撮ることができた。大満足だ!(翻訳・編集/山中)
【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

関連記事

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング