日本のアニメ映画が中国に次々上陸、その理由は「稼げるから」ではない?―中国メディア

配信日時:2019年6月14日(金) 18時30分
日本のアニメ映画が中国に次々上陸、理由は「稼げるから」ではない?
画像ID  1040260
10日、中国メディアの新京報は、「日本のアニメ映画が中国に次々上陸、その理由は稼げるからではない?」と題する記事を掲載した。
2019年6月10日、中国メディアの新京報は、「日本のアニメ映画が中国に次々上陸、その理由は稼げるからではない?」と題する記事を掲載した。

記事はまず、2015年の「STAND BY ME ドラえもん」が中国で5億3000万元(約83億円)の興行収入を上げた後、中国での日本アニメ映画の人気は右肩上がりだと紹介。特に「ドラえもん」シリーズ5作は、毎回興行収入が億単位を超える人気ぶりだという。

記事は、「2015年以前、日本のアニメ映画の中国での興行収入は『ひどい』または『そこそこ』というレベルだった」と指摘。「STAND BY ME ドラえもん」の中国のサプライヤーである鳳儀娯楽の副総裁である程育海(チョン・ユーハイ)氏は、同映画を見るため日本を訪れ、作品に感動し涙したことを明かした。同氏は「映画の質さえ良ければ、きっと中国の観衆も受け入れてくれるはず」と信じ、公開を決定したという。結果、同作は当時の日本映画の興行収入ランキング1位を獲得し、中国に輸入される日本アニメ映画はこの翌年から増加した。

記事は、「今年はまだ半年も過ぎていないにもかかわらず、すでに9作の日本アニメ映画が中国に輸入されている」と紹介。程氏はその理由を、「日本はもともと世界一の優良なIP(原作)生産国。ハリウッドが日本のIPをリメイクし映画公開するほど優れている」としている。また、もう一つの理由として、中国の映画市場が成熟してきており、観衆の映画に対する「好き」という気持ちが安定してきたことを挙げている。

さらに、「君の名は。」「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」などの中国側サプライヤーである光線伝媒について、「新海誠監督のスタイルを切り口とした『フィルター宣伝』が功を奏した。『君の名は。』の興行収入は中国で公開された日本映画としては初めての5億7500万元(約90億円)を記録した」と伝えた。

一方で、記事は「日本のアニメ映画が中国市場で素晴らしい成績を残しているが、決してリスクがないわけではない。むしろ稼げない映画の方が多い」と指摘。2017年の「名探偵コナン から紅の恋歌」はさまざまな原因でインターネットでの公開となってしまい、「ひるね姫 ~知らないワタシの物語~」は現在に至るまでスクリーン上映されていないことを伝えた。(翻訳・編集/和田)
【レコチャコンサル】

あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら


【社内スタッフ募集】

中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事