韓国・芸能事務所の中国侮辱騒動、1カ月しないうちに謝罪文が消失―中国メディア

配信日時:2018年11月6日(火) 22時20分
韓国・芸能事務所の中国侮辱騒動、1カ月しないうちに謝罪文が消失
画像ID  1040084
6日、観察者網は、韓国・YGエンターテインメントによる中国侮辱騒動の続報として、同事務所の梁鉉錫CEOが投稿した謝罪文がSNS上から削除されたと報じた。資料写真。
2018年11月6日、観察者網は、韓国・YGエンターテインメントによる中国侮辱騒動の続報として、同事務所の梁鉉錫(ヤン・ヒョンソク)CEOが投稿した謝罪文がSNS上から削除されたと報じた。

この問題は、YGとNetflixが打ち出したコメディードラマ「YG戦略資料本部」に「誤った中国地図」が登場したり、中国人に扮(ふん)した出演者が「私は豚です」と発言したりしたことがきっかけとなった。非難の声は中国のほか、韓国国内からも上がり、梁氏は先月11日に韓国語と中国語で謝罪文を発表。しかし、これに対してもネットユーザーからは厳しいコメントが寄せられたそうだ。

記事は「残念なことにYGも梁氏もその後、SNS上でいかなる謝罪も行っていない」と述べ、1カ月もしないうちに梁氏の謝罪文が削除されたことについては「全くの予想外」とコメント。中国のネット上には「中国人はそんなに忘れっぽいとでも思っているの?」などの書き込みが見られるという。(翻訳・編集/野谷
レコードチャイナによる取材をご希望の方は、ウィチャット(WeChatID:renshujian197523)までご連絡ください。その際は自己紹介と要件を明記して下さい。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事