Record China

ヘッドライン:

日本人ベテラントレッカーが死亡した例も、在重慶日本総領事館が「高山病」で注意喚起

配信日時:2018年11月7日(水) 13時40分
拡大
在重慶日本国総領事館は6日、四川省の貢嗄山や雲南省のシャングリラ地域の山麓を訪れた邦人が、高山病を発症して死亡するケースが発生しているとして、在留邦人や旅行者に向け注意を喚起した。写真は貢嗄山。

在重慶日本国総領事館は6日、四川省や雲南省の山麓を観光や山歩き(トレッキング)で訪れた邦人が、高山病を発症して死亡するケースが発生しているとして、在留邦人や旅行者に向け注意を喚起した。

領事館によると、邦人が高山病を発症する事例が出ているのは四川省のミニヤコンカ(貢嗄山)や雲南省のシャングリラ地域。いずれもチベット民族居住地域にある。

ミニヤコンカの海抜は7556メートルだが、山麓も4000メートル前後の高地。シャングリラ地域も海抜が3000メートル以上でチベット自治区などよりは低いが、中国の旅行情報解説サイトも、注意しないと高山病になると呼び掛けている。また、近くにある観光スポットのプタツォ国家公園は海抜4100メートル前後だ。

在重慶日本国総領事館は最近の例として、ベテランの邦人トレッカーがツアーで貢嗄山の山麓を訪れ、具合が悪くなったにもかかわらず、「他の人に迷惑をかける」と山歩きを続けた結果、下山した後に肺水腫が重症化して死亡したと紹介した。

領事館は、中国西南地域はヒマラヤ山脈の山麓であり、比較的アクセスしやすい山歩きルートでも標高4000メートルを超えることがあるとして「少しでも体調の異変や高山病の症状を感じたら、速やかに下山して下さい」と呼びかけた。

日本登山医学会によると、急性高山病の主な症状(初期症状)は頭痛、消化器症状(食欲不振、はき気、嘔吐)、倦怠感または虚脱感、めまいまたはもうろう感、睡眠障害など。重症化すると高地脳浮腫や高地肺水腫になる場合がある。(翻訳・編集/如月隼人

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

関連記事

山腹に大亀裂、せき止め湖が再び危険な状態に=四川・チベット境界地帯、当局は下流の雲南省にまで避難呼びかけ

チベット自治区と四川省を流れる金沙江に接する山腹で11日、大規模な山崩れが発生した。発生した「せき止め」湖は水位が下がり始めたが、反対側の山腹に大規模な亀裂が発生していたことが分かった。再び崩れれば、せき止め湖が改めて危険な状態になる恐れがある。

Record China
2018年10月15日 5時20分
続きを読む

観光シーズン到来、「天空の鏡」の湖にごみの山―ツァイダム盆地・チャカ塩湖

青海省にあるチャカ塩湖は観光シーズンを迎えた。海抜3059メートルの高地にある湖で、風のない日には突き抜けるような青空を湖面に写し出すことから「天空の鏡」などと呼ばれている。しかし観光客が押し寄せたことで、湖の周辺は「ごみの山」と化している。

Record China
2018年7月31日 9時50分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング