日本人ベテラントレッカーが死亡した例も、在重慶日本総領事館が「高山病」で注意喚起

配信日時:2018年11月7日(水) 13時40分
日本人ベテラントレッカー死亡例も、重慶総領事館が高山病で注意喚起
画像ID  1040049
在重慶日本国総領事館は6日、四川省の貢嗄山や雲南省のシャングリラ地域の山麓を訪れた邦人が、高山病を発症して死亡するケースが発生しているとして、在留邦人や旅行者に向け注意を喚起した。写真は貢嗄山。
在重慶日本国総領事館は6日、四川省や雲南省の山麓を観光や山歩き(トレッキング)で訪れた邦人が、高山病を発症して死亡するケースが発生しているとして、在留邦人や旅行者に向け注意を喚起した。

領事館によると、邦人が高山病を発症する事例が出ているのは四川省のミニヤコンカ(貢嗄山)や雲南省のシャングリラ地域。いずれもチベット民族居住地域にある。

ミニヤコンカの海抜は7556メートルだが、山麓も4000メートル前後の高地。シャングリラ地域も海抜が3000メートル以上でチベット自治区などよりは低いが、中国の旅行情報解説サイトも、注意しないと高山病になると呼び掛けている。また、近くにある観光スポットのプタツォ国家公園は海抜4100メートル前後だ。

在重慶日本国総領事館は最近の例として、ベテランの邦人トレッカーがツアーで貢嗄山の山麓を訪れ、具合が悪くなったにもかかわらず、「他の人に迷惑をかける」と山歩きを続けた結果、下山した後に肺水腫が重症化して死亡したと紹介した。

領事館は、中国西南地域はヒマラヤ山脈の山麓であり、比較的アクセスしやすい山歩きルートでも標高4000メートルを超えることがあるとして「少しでも体調の異変や高山病の症状を感じたら、速やかに下山して下さい」と呼びかけた。

日本登山医学会によると、急性高山病の主な症状(初期症状)は頭痛、消化器症状(食欲不振、はき気、嘔吐)、倦怠感または虚脱感、めまいまたはもうろう感、睡眠障害など。重症化すると高地脳浮腫や高地肺水腫になる場合がある。(翻訳・編集/如月隼人
レコードチャイナによる取材をご希望の方は、ウィチャット(WeChatID:renshujian197523)までご連絡ください。その際は自己紹介と要件を明記して下さい。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事