小さな路地を曲がると…、日本の居酒屋体験記―中国メディア

配信日時:2019年8月3日(土) 22時30分
小さな路地を曲がると…、日本の居酒屋体験記―中国メディア
画像ID  1040020
1日、燕趙晩報に、日本の居酒屋体験を紹介する文章が掲載された。写真は居酒屋。
2019年8月1日、燕趙晩報に、日本の居酒屋体験を紹介する文章が掲載された。以下はその概要。

夜も深まり、にぎやかな東京の人の流れを抜け、目立たない小さな路地を曲がると、周囲の音はだんだん小さくなる。それほど遠くない所に提灯の灯りが見えたら、そこが目的地だ。青地に白い花の描かれた暖簾(のれん)の向こうには、木製の引き戸が見え、風が抜けると風鈴が軽やかな音を立てる。

引き戸を開けると、中からビールの香りが漂ってきて、耳には店主の温かな「いらっしゃいませ」の声が聞こえてくる。目の前の先客たちは、微笑みながら乾杯をしており、白熱電球の灯りが店全体を温かな色合いに染めている。「いつもの」という注文の仕方は、客と店主との長年の関係でできた暗黙の了解だ。座席に座ると、熱いおしぼりとお通しが一緒に出てくるが、おしぼりで汚れをぬぐい、お通しで食欲増進となる。お酒とつまみが運ばれてくると、すっかりリラックスした気分となり、一日中抑えていた話の出口を見つけたかのようだ。

国際情勢や社会の変化、上司や同僚、家族、友人などについて語る。時はあっという間に過ぎ、見知らぬ酒の友たちと徐々に打ち解ける。店主は言葉数が多くなく、時折一言口にするだけだが、それが人に知恵を与え、明るくさせる。スタンダードな料理はどれも飽きることなくおいしいが、時々裏メニューを開発したくなる。

日本の居酒屋には、路地裏に隠された「庶民の美食」があり、忙しい日本人に自分だけの夜を提供している。居酒屋はネット有名人が必ず立ち寄る場所の1つとして、多くの外国人旅行者も訪れており、近距離から観察することで日本人を理解し、日本の美食や美酒を楽しみ、独特の日本文化を体験することができる。(翻訳・編集/山中)
【レコチャコンサル】

あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら


【社内スタッフ募集】

中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事