韓国の企業トップに懲役4年、面接成績改ざんで女性を除外―中国メディア

配信日時:2018年11月7日(水) 6時40分
韓国の企業トップに懲役4年、面接成績改ざんで女性を除外―中国メディア
画像ID  1039976
5日、中国新聞網は、「韓国で女性求職者の面接成績を改ざんした企業のトップに懲役4年の判断が下された」と報じた。資料写真。
日本で一部大学による女子受験生の差別的扱いが注目を浴びる中、中国新聞網は5日、「韓国で女性求職者の面接成績を改ざんした企業のトップに懲役4年の判断が下された」と報じた。

記事によると、男女の就業平等を定める法律に違反したとして懲役4年、罰金3億ウォン(約3000万円)が確定したのは、韓国ガス安全公社の元社長。15年1月~16年5月の公開採用時に採用責任者5人を呼び付け、面接点数の改ざんを行ったという。面接で不合格となるはずの男性31人が合格ラインを超え、合格のはずの女性7人が落とされたそうだ。

記事は「韓国の若者にとって就職活動は一大事。しかし、男尊女卑思想は根深く、多くの女性求職者が何らかの差別を受ける」と指摘。判決に対して韓国のネットユーザーから「女性を差別する企業に格好の注意喚起となった。採用過程で男女平等を無視した企業は厳しい罰を受けることになるのだから」などと歓迎の声が寄せられたことも伝えた。(翻訳・編集/野谷
レコードチャイナによる取材をご希望の方は、ウィチャット(WeChatID:renshujian197523)までご連絡ください。その際は自己紹介と要件を明記して下さい。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事