中国の輸入博覧会、参加企業は日本が最多だが、最も注力しているのは…―中国メディア

配信日時:2018年11月6日(火) 12時30分
中国の輸入博覧会、参加企業は日本が最多も、最も注力しているのは…
画像ID  1039955
5日、上海で第1回中国国際輸入博覧会が開幕。参加企業は日本が最多だが、最も注力しているのは欧州だという。
2018年11月6日、参考消息(電子版)によると、5日から上海で開催されている第1回中国国際輸入博覧会について、参加企業は日本が最多だが、最も注力しているのは欧州だという。

日本メディアによると、この博覧会には世界約170カ国・地域から約3600社が参加。世界初の「輸入」をテーマにした博覧会で、10日まで開催される。日本からは約450社が出展しており、参加国の中で日本が最も多いそうだ。

報道によると、パナソニックは次世代エコカー向けの車載装置などを展示し、技術力や品質をアピールしてシェア拡大につなげようとしている。伊藤忠商事や丸紅などの総合商社も日本製の食品などを展示する。また、トヨタやホンダなどの自動車メーカーのほか、三菱重工業などの企業も参加。日中関係改善が追い風となり、展示スペースも最大だという。

一方で、台湾紙・旺報は5日、この博覧会には欧州の企業が力を注いでいると報じた。米中貿易摩擦がエスカレートする中、中国が自由貿易と経済グローバル化を表明。各社とも中国市場でのシェア拡大の好機と捉え、多くの企業が参加しているとのこと。(翻訳・編集/岡田)
レコードチャイナによる取材をご希望の方は、ウィチャット(WeChatID:renshujian197523)までご連絡ください。その際は自己紹介と要件を明記して下さい。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事