伊藤美誠が最大の脅威、中国戦の勝率は日本人最高―中国メディア

配信日時:2018年11月5日(月) 22時40分
卓球女子、中国戦の勝率が最も高い日本選手は―中国メディア
画像ID  1039764
5日、騰訊体育は、卓球のスウェーデンオープンで優勝した伊藤美誠の対中国戦勝率が日本人最高になったと伝えた。写真は石川と平野。
2018年11月5日、騰訊体育は、卓球のスウェーデンオープンで優勝した伊藤美誠の対中国戦勝率が日本人最高になったと伝えた。

伊藤は今大会で、劉詩ウェン(リウ・シーウェン)、丁寧(ディン・ニン)、朱雨玲(ジュー・ユーリン)のトップ選手を含む4人の中国選手に勝利。次回の世界ランクでは、劉詩ウェンを抜いて6位に浮上する見通しで、記事は「日本の3大主力(伊藤、石川佳純平野美宇)のうち、伊藤美誠が中国チームにとって最大の脅威」と伝えている。

また、騰訊体育は日本選手の対中国戦勝率を独自に算出。それによると、伊藤は69戦24勝で34.8%。これは日本人最高だという。なお、石川は16.8%、平野は11.4%で、福原愛(2001年から2016年のリオデジャネイロ五輪まで)は20%とのこと。

記事は、来週行われる「プラチナ」大会であるオーストリアオープンとその後の大会の結果いかんでは、来年1月のランキングで現3位の石川を超え、正式に日本女子のナンバーワンになると伝えている。(翻訳・編集/北田
レコードチャイナによる取材をご希望の方は、ウィチャット(WeChatID:renshujian197523)までご連絡ください。その際は自己紹介と要件を明記して下さい。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • ato***** | (2018/11/06 09:19)

    柔道がオリンピック競技になったばかりのころは、日本人が金メダルを取ることが当たり前だった。それが世界の柔道競技人口が増えるに従って、日本人以外がメダルを取るようになった。これを残念なことと取るか、日本の柔道が世界に普及して良かったと取るかは、個人の自由である。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事