「中国キラー」伊藤美誠、主力3選手をまとめて撃破=中国ネット「それでこそ卓球がもっとおもしろくなる」

配信日時:2018年11月5日(月) 20時10分
伊藤美誠、中国主力3選手まとめて撃破=中国人は「キラー」出現を歓迎?
画像ID  1039695
5日、中国メディアの澎湃新聞は、卓球のスウェーデンオープンの女子シングルスで優勝した伊藤美誠について、中国の主力3選手をまとめて撃破するなど「中国キラー」ぶりを発揮したと伝えた。資料写真。
2018年11月5日、中国メディアの澎湃新聞は、卓球のスウェーデンオープンの女子シングルスで優勝した伊藤美誠について、中国の主力3選手をまとめて撃破するなど「中国キラー」ぶりを発揮したと伝えた。

伊藤は、準々決勝で元世界ランク1位の劉詩ブン(リウ・シーウェン)を、準決勝ではリオデジャネイロ五輪金メダリストの丁寧(ディン・ニン)を下して勝ち上がり、4日の決勝では世界ランク1位の朱雨玲(ジュー・ユーリン)を相手にストレート勝利(11‐3、11‐3、11‐5、11‐8)を収めた。

記事は「世界ランク7位の伊藤は今年、中国勢を大いに手こずらせてきた。今回敗れた朱雨玲を加えると、伊藤は中国勢相手に12勝し、計6人の世界タイトル獲得者を撃破した」とし、今年に入ってから、世界選手権団体戦で劉詩ブン、中国オープンで武楊(ウー・ヤン)、ジャパン・オープン荻村杯で陳幸同(チェン・シントン)と王曼ユ(ワン・マンユー)、スウェーデンオープンで劉詩ブンと丁寧と朱雨玲を破ったことを伝えた。

その上で、伊藤の強さについて「多くの日本人プレーヤーと同様に、幼少時代から母親に鍛えられた。伊藤は母親のことを『鬼と一緒にいるような感じ』と表現し、練習は深夜2時にまで及ぶこともあった」「伊藤の母親は寝ている美誠の耳元で毎日、『中国に勝てるのは美誠だけ』とささやき続け、潜在意識を変える訓練もしていた」などとエピソードを紹介。「次々に現れる強力なライバル。中国卓球よ、準備はいいか?」と結んだ。

この記事のコメント欄には、中国のネットユーザーから「ライバルがいるのは良いこと」「それでこそ卓球がもっとおもしろくなる」などの声が上がっていた。(翻訳・編集/柳川)
レコードチャイナによる取材をご希望の方は、ウィチャット(WeChatID:renshujian197523)までご連絡ください。その際は自己紹介と要件を明記して下さい。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事