Record China

ヘッドライン:

【動画】中国高速鉄道の最新宣伝映像、「時速350キロでも硬貨5枚がこの通り!」―中国メディア

配信日時:2018年11月5日(月) 15時30分
拡大
4日、環球網によると、中国中央テレビが制作した中国高速鉄道「復興号」の最新宣伝映像がこのほど発表された。

2018年11月4日、環球網によると、中国中央テレビ(CCTV)が制作した中国高速鉄道復興号」の最新宣伝映像がこのほど発表された。

中国が完全に知的財産権を持つ「復興号」は昨年6月26日に正式デビューした。記事は宣伝映像の内容について、「スピードと外観の美しさに加え、時速350キロ走行で硬貨5枚が立ったままという『絶技』も披露」と紹介。このほか「営業距離は世界の高速鉄道の3分の2を占める2万5000キロ以上」など、「発展の成績」が示されたことも指摘している。

中国では、走行中の高速鉄道車内での「硬貨立て」がその安定性を示す証拠として注目を浴びてきた。過去には「高速鉄道車内で硬貨を立てたところ8分間倒れなかった。一方、新幹線N700系では立たせることもできなかった」という内容の動画も出回っている。(翻訳・編集/野谷

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

中国高速鉄道、乗車券ないのに乗り込んだ客のせいで発車できず=実はあちこちで同じことが起きていた!―中国メディア

10日、央視網は、国慶節の連休のUターンラッシュで中国の高速鉄道に乗車券を持たない乗客が多数乗り込んだために発車できなくなった騒動を挙げ、「類似の事件があちこちで起きていた」と報じた。資料写真。

Record China
2018年10月11日 8時40分
続きを読む

高速鉄道乗車前にインタビュー受けてたらドア閉まる、男性の笑顔が一瞬で凍り付く―中国

中国メディア・観察者網によると、広東省広州市と香港を結ぶ「広深香高速鉄道」が23日に全線開通となったことを受け、中国のテレビ局が乗客にインタビューをしていたところ、乗客が乗る予定の列車のドアが閉まってしまうという出来事が起きた。

Record China
2018年9月25日 17時20分
続きを読む

ランキング