民間上場企業の研究開発費、中国の伸び率世界最高、韓国抜きドイツに迫る―中国メディア

配信日時:2018年11月6日(火) 6時20分
民間上場企業の研究開発費、中国の伸び率世界最高―中国メディア
画像ID  1039621
5日、中国メディアの参考消息網は、中国の民間上場企業の研究開発(R&D)費について「過去6年間の伸び率は世界最高で、規模ではすでに韓国を抜きドイツに迫る勢いだ」と報じた。写真は浙江省杭州市のアリババ本社。
2018年11月5日、中国メディアの参考消息網は、中国の民間上場企業の研究開発(R&D)費について「過去6年間の伸び率は世界最高で、規模ではすでに韓国を抜きドイツに迫る勢いだ」と報じた。

韓国紙・朝鮮日報(電子版)の1日付の記事を引用して伝えたもので、米プライスウォーターハウスクーパース(PwC)が10月30日に発表したR&Dに多額の費用を投入した世界の民間上場企業に関するリポートによると、「米国企業は合算シェア42%を記録して圧倒的な1位を占め、米国と激しい貿易戦争を繰り広げている中国は4位にとどまったものの、2012年からの年平均伸び率は17%に達し世界最高だった」という。

記事によると、過去1年間のR&D投資の上位1000社の総投資額は前年比8.4%増の7818億ドル(約88兆4600億円)だった。企業別に見ると、トップは米アマゾン・ドットコムの226億2000万ドル(約2兆5600億円)。2位はグーグルの親会社の米アルファベット、韓国のサムスン電子は4位だった。

国別では、米国が上位1000社のうち340社を占め最多だった。アマゾンやアルファベットのほか、米最大の半導体企業インテル、世界最大のソフトウェア企業マイクロソフト、スマートフォンメーカーのアップルがそれぞれ5~7位に入った。

R&D投資企業が米国に次いで多かったのは日本で、代表的な自動車メーカーのトヨタ、ホンダ、日産、IT企業のソニー、パナソニックなど6社が上位50社以内に入った。世界3位のドイツも、自動車メーカーのフォルクスワーゲン、BMW、ダイムラーや、ドイツ最大の製薬会社であるバイエルなどのバイオ企業がR&D投資を導いた。

中国は、IT企業を中心に大規模なR&D投資を断行した。中国最大の電子商取引企業であるアリババは36億3000万ドル(約4100億円)で45位、インターネット企業テンセントは26億8000万ドル(約3000億円)で59位だった。通信機器メーカーのZTEとポータル企業のバイドゥはそれぞれ19億9000万ドル(約2200億円)をR&Dに投資した。非上場企業であるためこの統計に含まれない世界最大の通信機器メーカーのファーウェイまで含めると、中国はドイツを追い抜き世界3位になるとみられる。

韓国は、フランスや英国、オランダより上位の世界5位だが、サムスン電子を除くと、R&D投資規模は180億ドル(約2兆円)とほぼ半分に落ちる。(翻訳・編集/柳川)
レコードチャイナによる取材をご希望の方は、ウィチャット(WeChatID:renshujian197523)までご連絡ください。その際は自己紹介と要件を明記して下さい。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • ato***** | (2018/11/06 08:51)

    日本が自動車製造業、家電と分散しているのに対して、中国、韓国はIT産業に偏っているようだ。得意分野があることは悪い事ではないが、一気に逆転されて途上国に抜かれてしまう危険もある。余計なお世話かもしれないが、一極集中は避けて広い分野の企業を育成すべきだろう。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事