羽生結弦が今季世界最高得点で優勝!中国ファン興奮「彼の時代は過ぎ去りはしない」

配信日時:2018年11月5日(月) 10時10分
「羽生結弦の時代は過ぎ去りはしない!」今季世界最高点に中国ファン興奮
画像ID  1039620
4日に行われたフィギュアスケートのグランプリシリーズ第3戦フィンランド大会男子フリーで、羽生結弦がショートプログラムに続き今季最高得点をマークし優勝した。中国のファンからも祝福の声が上がっている。写真は羽生結弦。
4日に行われたフィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第3戦フィンランド大会男子フリーで、羽生結弦がショートプログラム(SP)に続き今季最高得点をマークし優勝した。中国のファンからも祝福や感嘆の声が上がっている。

その他の写真

前日のSPで今季最高となる106.69点を記録していた羽生。この日も、ジャンプの着氷がやや乱れる場面があったものの、世界初となる4回転トーループとトリプルアクセルの連続ジャンプを決めるなど、大きなミスなく滑り切り、190.43点を獲得。合計点も今季最高の297.12点となり、文句なしの優勝を決めた。

中国のファンからは、「優勝おめでとう!」「やっぱり羽生はすごかった」「1回の試合で三つの記録を破り、2位に40点差をつけた。羽生結弦の時代は過ぎ去りはしない」「ルールがどんなふうに変わっても常に前進する。永遠に自分の本心を忘れない。羽生結弦はルールや記録に縛られたことはなく、いつもそれを乗り越え、進化を続けている」「羽生結弦を倒せるのは羽生結弦だけ」「羽生結弦、愛してる」といったコメントが寄せられた。

また、中国メディアの新浪体育は、羽生が試合後に4回転トーループとトリプルアクセルの連続ジャンプについて、「加点が付かなきゃ意味がない。体操の内村さんも言ってるけど、最後は決めないと。きちんと決めて成功したと言える」などと語った事を紹介。これに対しては、「彼は絶対にミスのある自分を許さないんだな」「完璧を求める羽生。ゆっくり休んでほしい」といった声が上がった。

この他、羽生がインタビューで「足にもきていた」と明かしたことについて、「足への負担が大きいから、この連続ジャンプが心配だった」「しっかり足をケアして」「羽生の足!。いい子だから、問題起こさないでね」など、気遣うコメントも多く寄せられた。(翻訳・編集/北田
レコードチャイナによる取材をご希望の方は、ウィチャット(WeChatID:renshujian197523)までご連絡ください。その際は自己紹介と要件を明記して下さい。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事